アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「再生医療」のブログ記事

みんなの「再生医療」ブログ


世界初のiPS臨床研究指針、11月1日施行へ

2010/10/30 23:09
画像
画像



いよいよ日本も世界初の試みである「iPS臨床研究指針」を打ち出しました

先頃、ニュース報道にあった「ES細胞での臨床試験」の動きに刺激された
のかもしれません


これは画期的な動きとなるでしょう
難病治療、遺伝病治療、臓器移植、血管や骨の移植、歯や髪の毛を
生やしたり…と様々な治療が可能になります


長寿が可能となり、いずれは100歳以上はざらということになるかも知れません。
数百歳に寿命が延びると試算している科学者もいます。

ものごとが飛躍的に進歩し、偉大なる天才科学者が長生きすることで、
研究が途絶えることが無くなります。
モーツアルトの様な天才音楽家の楽曲をいつまでも生演奏で聴くことも可能になるかも知れません。


世界初のiPS臨床研究指針、11月1日施行へ

さまざまな臓器や組織の細胞に変化でき、再生医療の切り札として期待されるヒトiPS細胞(新型万能細胞)を、治療に使えるようにする厚生労働省の臨床研究指針が29日、まとまった。

 iPS細胞の臨床応用を認めた指針は世界初。11月1日に施行される。

 京都大の山中伸弥教授らが2007年に皮膚細胞から作製に成功したiPS細胞は、もう一つの万能細胞であるES細胞(胚(はい)性幹細胞)と違って生命の萌芽(ほうが)である受精卵を壊さずに作製できる。このため倫理上の問題は少ないが、発展途上の技術だけに、ES細胞ほど性質が一定しないなど、課題も多い。

 そこで指針では「安全性や倫理性の確保に盤石の体制の構築が必要」とし、常に新しい技術を取り入れて安全性を確認することや、患者に対し積極的に正しい知識を伝えること、患者団体の意見にも配慮することなどを規定。技術の進歩が非常に速いため、必要に応じて指針の見直しを行うとしている


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


歯の再生が可能に!

2007/02/20 08:21
画像


細胞から歯が再生 東京理科大のグループ、マウスで成功

再生医療の世界は目覚しい進歩を遂げています。

古舘さんの報道ステーションでもやってましたが日本の東京理科大と大阪大のチームが歯の再生と髪の毛の再生に成功したそうです。
まだ、実験段階ですが、近い将来には入れ歯やインプラントの手術をしなくても歯が生えて来て、 また、髪の毛が薄い人は自分の髪の毛が生えて来るそうです。

すごいですね!驚きです!

この技術は、日本の東京理科大と大阪大のチームが世界で初めて成功しました!! 18日付の米科学誌「ネイチャーメソッズ」(電子版)に発表したそうです。

日本もスゴイね!やるじゃん!この分野では最先端をつっ走ってます!


マウスの胎児から歯のもとになる細胞を取り出して培養し、おとなの歯を再生させることに、東京理科大の辻孝・助教授(再生医工学)らの研究グループが成功した。作製の成功率は100%で、歯の中に血管や神経などもできていた。臓器を人工的に再生させる技術につながると期待される。18日付の米科学誌ネイチャーメソッズ電子版で発表する。

 胎児期にはさまざまな臓器や組織が、上皮細胞と間葉細胞という2種の細胞の相互作用でつくられる。辻さんらはこれに着目。マウス胎児のあごの歯胚(はい)から取り出した両細胞を酵素でばらばらにし、どちらも高密度の細胞塊にしたうえで、区分けしてコラーゲンのゲルに入れると、培養に成功することを突き止めた。

 さらに、この細胞塊を50匹のマウスの腎皮膜下に注射。14日後に、すべてで歯の形成を確認できた。歯の再生研究は他にもあるが、作製率は20〜25%にとどまっていた。

 また、生体内で育てた歯や、生体の外で人工培養を続けた細胞塊を、おとなのマウスの歯を抜いた跡に移植すると、歯が高い頻度で生着した。この歯の内部には血管や神経のほか、クッションなどの役割を果たす歯根膜も再生できていた。

 グループは今回、同様の手法で毛の再生にも成功した。今後、肝臓や腎臓などの臓器づくりも目指すという。

記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


【世界初】再生治療で人工心臓不要に 埼玉医大病院 骨髄細胞移植し退院

2005/08/29 02:57
画像
ニュース記事は → こちら

埼玉医大病院は27日、虚血性心筋症で補助人工心臓を装着した男性患者(61)に本人の骨髄細胞を心臓に移植する再生治療を行い、補助人工心臓を取り外すまでに回復したと発表しました。同病院によると、世界でこの症例の報告はまだないそうです(=世界初)。患者さんは27日の朝に無事退院しました。  (産経新聞より引用)

【コメント】
いよいよES細胞再生医療も実用段階に入って来ました。この成功例により、今後様々なケースで命が助かる患者さんが増えて来るでしょう。この分野で日本が最先端を行っていることは嬉しい限りです。今まで心臓移植と言えばアメリカへ渡航して、臓器提供を待つ身でしたので、ES細胞なら自分自身の細胞ですし、拒否反応もないので患者さんへの負担も少ないです。今後に期待したいです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


トップへ | みんなの「再生医療」ブログ

☆世界のフシギ&謎解き大辞典☆ 再生医療のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる