テーマ:不思議特集

【続報・画像付】『世界遺産「アンコールワット」に恐竜のレリーフが』

以前、『世界遺産「アンコールワット」に恐竜のレリーフが』という記事の中で、 雑誌「ムー」に恐竜の写真が掲載されていたということをお伝えしました。 今回は、画像付きでもう少し掘り下げてみたいと思います。 カンボジアにある世界遺産のアンコール遺跡の中に タ・プローム という 寺院がありますが、そこに恐竜(トリケラトプ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奈良の大仏と卍

今月号の「ムー」11月号は、「奈良の大仏」がテーマとして掲載されています。 初代の大仏は黄金に彩られ、朱色で胸の部分に「卍=まんじ」がくっきりと浮かび 上がっています。 これは以前NHKの番組で特集されたもので、その時の記事はこちらです    ⇒ 『東大寺~よみがえる仏の大宇宙』 ← ここをクリック♪ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

聖書の暗号は知っていた

聖書の暗号は知っていた 伊達 巌【著】 徳間書店 お求めは → こちら 【内容紹介―目次】 世界の歴史は、イルミナティという頭脳を持ったフリーメーソンによって動かされてきた。 彼らは、お金を得るためだけに戦争を起こし、多くの人々を殺してきた。 ではイルミナティとは何なのか、誤解を恐れずごく簡単に言うなら、拝金主義…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界遺産「アンコールワット」に恐竜のレリーフが!

今月号の「ムー 7月号」に興味深い記事をみつけました 一つ目は、18ページの「アンコールワット遺跡の恐竜レリーフ」です。 恐竜と人間が過去に共存していたのでは?… と思わせる遺物に カブレラストーンが(=これは「ナスカの地上絵」に近い南米ペルー で発見された、石に恐竜のレリーフ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鉄の鎧(よろい)を持つ貝

2001年にインド洋の深さ2000メートル付近で日本の研究チームが発見した 「ウロコフネタマガイ」 通称:スケーリーフット(鱗のある足をもつ巻貝という意味)と呼ばれるこの巻き貝の一種は、復足部が(鉄の鎧とも言える)“硫化鉄のウロコ”で覆われていて深海の厳しい環境から身を守っていることが分ったそうです。 ※硬さは人間の歯の2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

土星の北極上空に謎の巨大六角形

土星の北極上空に「謎の巨大六角形」が存在するのを撮影した画像をNASAが公開しました!! なぜ こんな形になっているか?不明だそうです。 これは自然現象なのでしょうか? それとも人工的? ◇こちらで動画映像が観れます!!(英文) ← ここをクリック! それにしても 観ればみる程 不思議な画像ですね…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「アンティキテラの歯車」

読売新聞にも大きく掲載され、朝の番組でも取り上げていた「アンティキテラの 歯車」の話題です。 この度、欧米科学者の研究グループが論文をネイチャーという科学専門誌に発表されたそうです。 この2000年前の歯車は、今で言うスーパーコンピューターに匹敵するモノで、 4桁の掛け算、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

月面の巨大クリスタル・タワーの謎?!

◆NASAがひた隠しする月面巨大クリスタル・タワーの証拠映像◆ 以前から NASAは月や火星、土星衛星タイタンなど・・・宇宙空間で発見されたUFOや巨大構造物の映像を隠していると言われて来ましたが、今回その動画映像を入手しました! この映像は、私の友人でテレビ出演多数の伊達巌氏のHPでも取り上げられてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宇宙人は、1908年ツングースカの大爆発時に地球を救った?!

ツングースカ大爆発という言葉を聞いたことがある人もいらっしゃると思います。 今から約100年前の1908年にロシアのシベリア地方ツングースカという 場所に、空から巨大な隕石が飛来しました。 この時の隕石飛来の様子を目撃した村人も多くいたそうです。 そして、巨大隕石がそのまま地球に激突…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7月に出現したミステリーサークル

イギリスで7月に出現した17個のミステリーサークル http://www.earthfiles.com/news/news.cfm?ID=1119&category=Environment ※リンク先に全部で13枚の写真がありますので、どうぞ興味のある方はご堪能下さい♪ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ナスカ展」いよいよ18日まで

来場者が30万人を超えたそうです! ナスカ展に行って来ました。 ずっと行きたいと思っていましたが、いよいよ閉幕が18日と迫って来たので行って来ました♪ 会場内は平日なのになかなかの大盛況でした! 入口から幾つも古代の壷(2000年前位のシロモノ)がズラリと並んでいて、色トリドリで見惚れてましたが、出口付近に地上絵を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

◆世紀最大の謎に迫る古代ミステリー秘宝殿

今晩7時より『世紀最大の謎に迫る古代ミステリー秘宝殿』が放送されます。 オーパーツや古代遺跡の謎が紹介されます。 興味のある方は是非ご覧になってみて下さい。 《6月3日土曜夜》 ◆世紀最大の謎に迫る古代ミステリー秘宝殿 放送日時: 6/3(土) 19:00~20:54 テレビ朝日 番組内容:ダビンチよりすごい!…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 《宇宙のふしぎ大辞典》

《宇宙のふしぎ大辞典》  ~宇宙天文学入門~  『私達のDNA(デ・オキシリボ核酸)の中の窒素も 歯のカルシウムも 血液の鉄も かつて収縮した恒星の内部で作られた。私達の身体は全て星の物質から出来ている。私達は、極めて深い意味において“星の子”なのだ。』 (カール・セーガン=天文学者) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2足歩行するタコの撮影に成功!!

2足歩行するタコを撮影    タコが2本の足で器用に「歩く」様子を、カリフォルニア大バークリー校などのチームが撮影に成功し、25日付の米科学誌「サイエンス」に報告したそうです。2本足歩行は、筋肉が骨を支えている動物だけができる と考えられていましたが、「運動学的にみて歩行と呼んでもいい」と分析したそうです。  こ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

韓国のUFO

  今日は 韓国の友人のサイトをご紹介します。    こちらで 韓国のいろいろなマスコミがニュースで取り上げたUFO映像や写真が観れます。  お隣の韓国でもUFOのニュースは多く取り上げられているみたいです。    韓国語ですが、UFOの映像が綺麗に見えます。    それでは  → こちらをクリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

江戸時代のUFO?

 馬琴とUFO?お江戸の不思議物語  長編小説の『南総里見八犬伝』などの作品で知られる江戸後期を代表する曲亭馬琴(きょくてい・ばきん、1767~1848)が、文政八年(1825)に色々な奇談を一冊にまとめ『 兎園小説』として発表した中に『 虚舟(うつろふね)の蛮女』と題された話の中には まるでUFOで飛来した女を描い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【オーパーツ】古代の宇宙ロケット

   パレンケの石棺の蓋に描かれた形が「ロケットを操縦している姿」にそっくりだということは前回述べましたが、それでは実際に古代にロケットが存在したのか?という疑問が湧いて来ます。  先ずは「百聞は一見にしかず」です。  ◎写真1と2(左上/左中段)をご覧下さい。一体何に見える   でしょうか?   (※写真をクリック…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【特集】「パレンケ遺跡」の謎

【特集】「パレンケ遺跡」(世界遺産)の謎   みなさんは、この写真(右側)が一体何に見えますか?   (※画面をクリックすると拡大します。写真上段が「パレ    ンケの石棺の蓋」 下段が拓本=写し絵です。)   これは、中米メキシコにある古代都市・パレンケ遺跡(マヤ文明/世界遺産)の「パレンケの石棺」と呼ばれるもので、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

目に見えない「ものすごい小さなUFO」が発見される

目に見えない「ものすごい小さなUFO」が発見さたそうです。 発見したのは、インドの研究施設で、導入された化学分析用の高精度イメージングカメラが「肉眼では決して見えない極小サイズのUFO」の姿を写し出し、その映像が公開され話題となっているそうです。 へぇ~~~ スゴイですね。(75へぇ~) 「目に見えないUFO」 是非…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

割れないシャボン玉(画像あり)

米村 デンジロウ先生の 「割れないシャボン玉の大実験」 「科学」 を 「科楽」 と称したいというヨネムラ デンジロウ先生の楽しい科学実験ですが、その後もテレビ番組で引っ張りダコ状態で登場していますね!! 1月29日に「世界一受けたい授業」(日本テレビ系列)19:57~ の2時限目  「科学」の授業で登場していました。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イギリスのストーン・ヘンジ(「世界遺産」)

 イギリスのストーン・ヘンジは、紀元前4000~前1000年頃に3段階に分けて築かれたと考えられています。    ストーンヘンジの魅力は、その姿形も然ることながら、その存在の『不思議さ』から来ているのかもしれません。一体いつ頃?誰が?何の目的で?どうやって建てたのか?については、様々な仮説はあれど、今もなお謎のままで、ただ石…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

【特集】天空の都市“マチュピチュ”

【特集】天空の都市“マチュピチュ”   続いてご紹介するのは、南米ペルーの天空の都市「マチュピチュ遺跡」“MACHU PICCHU” です。この古代に建造された空中都市は不思議と謎がいっぱいです。 この遺跡は、標高2,280mの高山のほぼ頂上にあり、突如として現れます。また、マチュピチュとは「老いた峰」を表し、山裾からはそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【特集】アビドスのオーパーツ

<世界のオーパーツ> 今回から世界中の遺跡、巨石文明、オーパーツについて検証してみたいと思います。 まず、オーパーツの説明をする前に、オーパーツの意味をご説明します。 オーパーツとは、英語で「ooparts」と表記し、Out Of Place Artifactsの略です。 意味としては、「(時代的に)…
トラックバック:4
コメント:4

続きを読むread more

【特集】ミステリーサークル

 世界中で出現しているミステリーサークル(海外ではCropcircle=クロップ・サークルと呼ばれています)ですが、一体この現象はどうして起こるのでしょうか?  ある研究者は竜巻のような自然現象だと主張し、ある人はプラズマ現象だと主張しています。  また、宇宙人の関与であると主張する人もいます。    果たして、どの説明…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

今週のトリビア

 今週のトリビア    今週の「トリビアの泉」で、こんなのをやっていました。     アメリカの消防署にはUFOに遭遇した場合の対応マニュアルがある へぇ~~~ (77へぇ~)    面白いですね♪ ゲストの優香さんも思わずへぇ~と驚いていました♪    アメリカ オハイオ州ウォーレンカウンティー消防署のビル・クレーマー…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

【超スクープ】タイタンに巨大建造物発見!?

宇宙に関する不思議の続報です。 土星最大の衛星タイタンに着陸した、小型探査機ホイヘンスの観測データを分析している 米航空宇宙局(NASA)のホームページ では、タイタンから送られてくる映像を公開しています。 http://www.nasa.gov/mission_pages/cassini/multimedia/pia0723…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

タイタンの動画~続き~

 タイタンの着陸シーン(動画)をコマ送りで見ていたのですが、「高度5.8km 87番」の 写真 の上部に「ダビデの星」のような三角形を2つ合わせたような直線的な幾何学紋様が偶然写っていました。(びっくりした~~♪)これって大発見?  また、2重の三角形の中央にも渦巻き模様のようなものまで見えます。  一体なんなんでしょうね?巨大な地…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「タイタン」の着陸シーン(動画あり)

「タイタン」の着陸シーン(動画あり)です。 英文ですが、クリックすると動画が見れます。 コマ送りだと1コマ1コマが詳しく見れます。 まるで地球のどこかの山と海岸線を映したような風景が見れます。ちょっとフシギな感覚。。。 ちょっと面白いですよ。 http://www.nasa.gov/mission_pages/cassini/…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

音速の壁(写真あり)

ジェット機が音速を超えた時に「壁」のような雲が発生する瞬間の写真です。 【こちらに動画リンクを追加しました】 http://fushigi.at.webry.info/200502/article_6.html
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more