テーマ:世界遺産

【続報・画像付】『世界遺産「アンコールワット」に恐竜のレリーフが』

以前、『世界遺産「アンコールワット」に恐竜のレリーフが』という記事の中で、 雑誌「ムー」に恐竜の写真が掲載されていたということをお伝えしました。 今回は、画像付きでもう少し掘り下げてみたいと思います。 カンボジアにある世界遺産のアンコール遺跡の中に タ・プローム という 寺院がありますが、そこに恐竜(トリケラトプ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デシャニ修道院のUFO壁画

デシャニ修道院のUFO壁画 最新記事 「デシャニ修道院のUFO壁画」を更新しました。 こちらからどうぞ → 「新・世界不思議博覧会」
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【特集】宇宙服を着た土偶たち~その2~

 みなさんは これらの写真を見て一体何を連想しますか?  これらは 古代の遺跡から発見された土偶なのです。  まるで 宇宙服を着ているようには見えないだろうか?  今まで見てきた中で ロケットを操縦しているように見えるパレンケ遺跡の石棺の蓋・・・  ロケットやジェット機を思わせる模型や壁画の数々・・…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

【特集】「パレンケ遺跡」の謎

【特集】「パレンケ遺跡」(世界遺産)の謎   みなさんは、この写真(右側)が一体何に見えますか?   (※画面をクリックすると拡大します。写真上段が「パレ    ンケの石棺の蓋」 下段が拓本=写し絵です。)   これは、中米メキシコにある古代都市・パレンケ遺跡(マヤ文明/世界遺産)の「パレンケの石棺」と呼ばれるもので、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【特集】 「アフラ・マズダのレリーフ」

 「アフラ・マズダのレリーフ」    再び 遺跡(世界遺産)特集です。  このレリーフ(浮き彫り彫刻)は一体何に見えるでしょうか?  (右画面をクリックすると写真が拡大します)  まるで、「空飛ぶ乗り物」=UFOで浮かんでいるようにも見えますね。  これは、ペルセポリス(世界遺産)にある 「アフラ・マズダのレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イギリスのストーン・ヘンジ(「世界遺産」)

 イギリスのストーン・ヘンジは、紀元前4000~前1000年頃に3段階に分けて築かれたと考えられています。    ストーンヘンジの魅力は、その姿形も然ることながら、その存在の『不思議さ』から来ているのかもしれません。一体いつ頃?誰が?何の目的で?どうやって建てたのか?については、様々な仮説はあれど、今もなお謎のままで、ただ石…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

【特集】天空の都市“マチュピチュ”

【特集】天空の都市“マチュピチュ”   続いてご紹介するのは、南米ペルーの天空の都市「マチュピチュ遺跡」“MACHU PICCHU” です。この古代に建造された空中都市は不思議と謎がいっぱいです。 この遺跡は、標高2,280mの高山のほぼ頂上にあり、突如として現れます。また、マチュピチュとは「老いた峰」を表し、山裾からはそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more