テーマ:ニュース

ノルウェー南極観測隊UFO撮影に成功!

今年(2016年)1月初めにノルウェーの南極観測隊がUFOに遭遇! ビデオ撮影に成功しました!これはとてもリアルに映ってますね! 「ノルウェーの南極観測隊」が撮影した点も 信頼性が高いです。 今のところ、今年イチオシのUFO映像です! (※記事に動画あり)  →  記事はこちらへ
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【再掲】宇宙人は、1908年ツングースカの大爆発時に地球を救った?!

今回のロシアの隕石落下に伴って、「ツングースカの大爆発(隕石落下)」が、ニュース番組でも話題に挙がっています。 今回同様、約100年前に起きた「ツングースカ大爆発」は、隕石の爆発規模に対して、隕石そのものが見つかっていないことに共通点があります。 更に、以前 ツングースカ大爆発は異星人の介入によって、人類を救った可能…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロシア隕石落下 国内線旅客機とのニアミスも判明

ロシア国内の旅客機とニアミスをしていたらしい。。。 詳細は以下参照下さい。 ↓ ロシア隕石落下 国内線旅客機とのニアミスも判明 ←クリック! ロシアのチェリャビンスク州に落下した隕石(いんせき)で、負傷者は1,200人以上にのぼり、4,500棟を超える建物が損壊した。 これまでに死者こそ出ていないが、あわや大惨事となり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロシアの隕石落下

 ロシアで現地時間2月15日に隕石が落下、爆発し、1200人以上の負傷しが出た模様。ロシアのドライバーの間に車載カメラが普及していたおかげで、非常に多くの記録が残された。 詳細は以下の記事を参照下さい。 ↓     ↓     ↓ 威力は広島型原爆の30倍 ロシア隕石落下、負傷者1200人に   【モスクワ】ロシア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

iPS細胞作製の山中・京大教授がノーベル賞受賞!

嬉しいニュース(速報)が届きました!! 2012年のノーベル生理学・医学賞が iPS細胞を初めて作製した京都大学教授の山中伸弥氏(50)へ贈られる!と発表されました。 iPS細胞の有用性は こちらのBlogでも再三取り上げて来ましたので、本当に嬉しい結果となりました! 昨年も最有力候補として名前が挙がっていながら、日本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

銀座凱旋パレード

ロンドン・オリンピックのメダリストによる銀座凱旋パレードへ 行って来ました。 2009年の巨人軍日本一銀座パレード(観衆34万人)を遥かに 凌ぐ人の多さでした。 銀座駅で電車を降り地上に出たら、既に大勢の観衆でごった返して いました。 いよいよ11時定刻…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツタンカーメン展2012 東京にて開幕

ツタンカーメン展2012 東京にて開幕 →  詳細はこちらへ 関西で記録的な観客動員した「ツタンカーメン展」がいよいよ東京にて開幕 しました! 3月17日より大阪天保山特設ギャラリーで公開され、来場者数93万3130人と 記録的な動員となった「ツタンカーメン展~黄金の秘宝と少年王の真実~」。 関西ではあまり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金星の太陽面通過

今朝は金星の太陽面通過という天体ショーが見られるとあって、 早起​きしたのですが… あいにくの雨模様… 次回は105年後ということら;しい。。。 もう直接見れないのか~? これがラストチャンスだったみたいですね。残念! みなさんの地域では見れましたか?
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金環日食を激写!

21日の早朝、世紀の大天文イベント『金環日食』が九州南部から東北地方にかけて日本の太平洋側一帯で起き、東京、名古屋、大阪などの大都市も含む世紀の天文ショーが観測されました。 当初、曇り空で観測ができないと気象庁から発表があった程、観測が難しいとされていましたが、午前7時31分頃から約5分間に渡って観測できました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツタンカーメン展

ツタンカーメン展が東京、大阪で開催されます(※大阪は3月17日より開催中) 東京会場:「上野の森美術館」 大阪会場:大阪天保山特設ギャラリー (旧・サントリーミュージアム、海遊館となり) 1965年に(東京で)開催された伝説のツタンカーメン王「黄金のマスク」が来日してから47年が経ち、今回はツタンカーメンの王…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

光より速い物質「ニュートリノ」

『光より速い物質』が発見されました!! その物質は「ニュートリノ」。 今までアインシュタインの特殊相対性理論では、光より速い物質は存在しないことになっていましたが、その説を覆すことになりました! つまり光より速い物質は存在し、そしてUFOも当然光より速く飛んでいたとしても何ら不思議ではないということになりま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国と米国ワシントンに現れたUFOの類似点!

上の写真をご覧下さい! これは、中国の杭州市で空港閉鎖された際に撮影されたUFOの写真です。 (2010年撮影) 【参照】中国の杭州市で空港閉鎖された際に撮影されたUFO ⇒ こちらへ このニュースは日本でもかなり報道され話題になりました。 中国の浙江省杭州市にてUFO騒ぎで空港が閉鎖されたと言うニュー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米国、合成生物学研究にGO!

 オバマ米大統領は、合成生物を新たに作り出す研究にGO!サインを出しました!    遂に、地球上に存在しない生命体が科学合成によって誕生することが確実となりました!    既に当Blogにて報じている通り、新しい合成生物は誕生していますが、 これによって更に拍車がかかることになります。    世の中の役に立つ合成生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウィキリークス創設者、UFO関連公電の公開を示唆

NASAの発表に続いて、あの話題のウィキリークスが今後UFOの情報について 公開することを示唆しました。 今後、何が飛び出すのか楽しみですが、創設者のジュリアン・アサンジュ氏 (39)が英国警察に 逮捕 されたことで、活動が停止せざるを得ない状況 になって来ました。 確かに、ウィキリークスのやり方に行き過ぎ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【続報】NASA発表!

日本時間12月3日午前4時から、NASAによって「地球外生命体」に関する 会見がNASA TV にて生中継されました。 宇宙人に関することではないか? 地球外生命体の痕跡を発見したんじゃないか? 火星の隕石から何か発見したんじゃないか? …と、憶測がされていましたが、 実際に発表された内容は以下の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NASAが地球外生命体に関する発表を行う!!

NASAが遂に『地球外生命体』に関する発表を行う!ということでTV報道や 新聞、ネット上で話題になっています!! 宇宙人に関する発表じゃないか?とか… 何か地球外生命体を宇宙で発見したのでは?とか… 様々な憶測が憶測を呼んでいます! 発表は日本時間の12月3日午前4時(2日の深夜から朝方にかけて)に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【スクープ】尖閣 第二弾画像か?

尖閣諸島で中国の漁船が日本の海上保安庁の船に 2度も体当たりをして逃亡する事件が発生し、その瞬間を収めたビデオがyoutube にsengoku38という名前で投稿され、尖閣ビデオ流出事件として大騒ぎになった のは記憶に新しいところです。 youtubeを見た人やマスコミ各社の報道で日本列島が沸いたのも束の間、 自分がse…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界初のiPS臨床研究指針、11月1日施行へ

いよいよ日本も世界初の試みである「iPS臨床研究指針」を打ち出しました 先頃、ニュース報道にあった「ES細胞での臨床試験」の動きに刺激された のかもしれません これは画期的な動きとなるでしょう 難病治療、遺伝病治療、臓器移植…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

月面に大量の水が存在=米NASA

以前から、月には大量の水が存在すると言われ続けて来ましたが、 今回NASAが月面にかなりの量の水が存在することを発見し、それを 正式に発表しました! それもサハラ砂漠にあるとされる水のおよそ2倍の量もあるそうだ! 今回の発見で月面に有人基地を建設する、とか 惑星間旅行に必要な 水や水から酸素、水素を抽出して利用…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

40万アクセス突破記念!

日頃は、  ☆世界のフシギ&謎解き大辞典☆ をご利用頂き 誠にありがとうございます! 本日2010年10月14日10時現在、40万アクセスを突破しました! (記事ページは30万アクセス突破!) これもひとえに皆様方のお陰と心より感謝しております。 今後とも謎解きや新発見、最先端科学、古代遺跡、オーパー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界初!ES細胞のヒト臨床試験がスタート!

いよいよ、人への臨床が始まりました! ES細胞もips細胞も(惜しくもノーべル賞を逃しましたが…) 人体の臓器を再生治療するのに大きな貢献をすることでしょう! ES細胞初のヒト臨床試験、脊髄損傷患者に  【ワシントン=山田哲朗】生命科学系の米企業ジェロン(本社カリフォル ニア州)は11日、さまざまな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノーベル化学賞は根岸英一氏・鈴木章氏ら3人が受賞

今年のノーベル化学賞は、日本人の鈴木章氏、根岸英一氏の2人を含む3人が 受賞しました! おめでとうございます!! ノーベル医学生理学賞は人工多能性幹細胞(iPS細胞)を作成した山中伸弥・ 京都大教授が受賞を逃しているだけに、とても嬉しい知らせです! youtubeニュース動画は ⇒ こちらへ 《以下は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年のノーベル医学生理学賞は?

今年のノーベル医学生理学賞は、体外受精でルイーズちゃんを誕生させた エドワーズ氏が受賞しました。 今回、「最有力候補」と予測されていた、人工多能性幹細胞(iPS細胞)を 作成した山中伸弥・京都大教授は、残念ながら受賞を逃しました。 それにしても、約30年前のことで受賞というのは、最先端技術に賞を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

35周年記念「光臨堂」完成式!!

Rael(ラエル)さんの情報です。 2010年10月7日に、35周年記念「光臨堂」完成式が行われます!! これは、ラエルさんが宇宙人エロヒムと2度目の遭遇をしてから35年目に当たる この日に、瞑想センター(「光臨堂」)が完成お披露目となる記念行事が行われま す、というお知らせです。 詳しい内容はこちらをご覧…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宇宙:地球に最も似た惑星…20光年の先に発見

【毎日新聞】宇宙:地球に最も似た惑星…20光年の先に発見 記事は ⇒ こちらへ 宇宙には、地球と似た環境の星が点在していることが、科学的にも証明され つつあります。 生命は地球だけにしか存在しない、とか宇宙人は存在しないという論議は 既に不毛な論争に過ぎません。 国連も宇宙人が地球に来訪し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【動画】中国で3時間出現したUFO

「中国で3時間に渡りUFOが出現したニュース」が話題になっています! 今回、その動画が入手出来ました! それにしても、3時間もUFOが上空にいて発光していたなんて… 凄いですね!! それを撮影していたのも凄い! 中国ではTV番組でも放送しているみたいで、話題になってるみたいです! 動…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【続報】火星に水の成分を確認!

先日、NASAは火星に氷の成分を発見したというNEWSを発表したばかりですが、 今回、その氷の成分を詳しく分析したところ“水”(水蒸気)の成分を確認した と正式に発表しました。 これにより「火星に(現在も)生命が存在する、又は過去に存在した」可能性が 示されたことになります{%びっくり2w…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「やっぱりあった!」火星に氷 NASA発表!

以前から「ある!ある!」と言われて来ましたが、今回の火星探査機フェニックスで極地域を調査したら、やっぱり「氷」と思われる証拠が見つかったようです。 ショベルの様なアームで掘ったら、白い「氷」のような部分が見つかり、時間が経ったら解けてなくなってしまったようです。。。 これは、ドライアイスや塩ではなく、水(=H2O)が凍っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

英国防省のUFO機密文書公開

ロンドン(AP) 英国立公文書館は14日、未確認飛行物体(UFO) の目撃情報 を収録した政府の公文書を公開しました。 ◆英国立公文書館◆ およそ90%は何らかの見間違いとしていますが、残りの10%は「説明不可能」としています。 つまり―10回に1回は本物のUFO(地球外からの飛行物体)の可能性がある 計…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラエル氏来日記念セミナー開催!

いよいよ4月30日からラエル氏による『来日記念セミナー』が始まります。 ラエルさんは、1973年12月13日に自らを“エロヒム”と名乗る異星人と遭遇し、地球人の未来に関わる重要なメッセージを授かりました! 今回、その“究極の教え”をラエル氏自ら直接伝授してくれます! “エロヒム”とは旧約聖書に登場し、神と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more