ふしぎな実験(割れないシャボン玉)

1月15日放送の「世界一受けたい授業」日本テレビは毎回面白いゲストが講師として招かれ、楽しい実験やお話が聞ける。特に今回面白かったのが、「米村でんじろう」氏の化学実験。割れないシャボン玉の作り方をやっていた。なお、このシャボン玉の作り方は、シャボン液に砂糖、または洗濯のりを混ぜるのがポイントらしい。また、ストローにも工夫されていて、ストローには予めアルミホイルを撒きつけておき、そこに静電気を送り込むとマイナス電気を帯びたシャボン玉が出来る。そこにプラス電気を帯びさせた手のひらを近づけるとシャボン玉が空中に浮くというもの。また、そのままずっと漂わせておくと、シャボン玉の形が変形し、口の開いた壷のような形からUFOみたいな形、つばのついた帽子のような形になって最後は平べったいクラゲみたいな形になって行くという。。。何とも不思議な現象。でも、科学はこうやって実験して見せて、楽しくないとね。

【こちらに画像リンクを追加しました】
http://fushigi.at.webry.info/200502/article_4.html

ブロッコリーの花

 1月12日(水)の「ためしてガッテン」NHKでは、ブロッコリーの栄養素の素晴らしさとがん予防効果を特集していました。茹でるよりも、蒸したり、てんぷらにした方がビタミンCが失われないとのこと、なるほどね。
 私は数年前から、「ブロッコリー・スプラウト」という「かいわれ大根」に似た発芽した芽をスーパーで買ってよく食べています。これだと火を通さないので、新鮮な状態で食べられます。
 
 ところで、番組を観ていてちょっと面白かったのは、ブロッコリーの花でした。収穫しないで2週間程度放っておいた状態で多くのつぼみ(2万個以上?)が一斉に花開いていました。普段、あまり見ない姿なのでちょっと意外で面白かったです。

 ちなみに、さまざまな「野菜の花」が掲載されているページがあったので、ご紹介します。
<野菜の花>
http://www.sam.hi-ho.ne.jp/miyake/hana/hana.html

音速の壁

1月9日放送の「未知の世界を撮りたい驚き秘ハンター“ドリームビジョン”」日本テレビでは、ジェット機が音速の壁を越えた瞬間に、突然水蒸気が発生し、まさに「音速の壁」のような雲のようなものが現れる瞬間を捉えていました。思わず画面に釘付けになってしまいました。映像をお見せできないのが残念ですが、これは驚きの瞬間でした。


【こちらに動画リンクを追加しました】
http://fushigi.at.webry.info/200502/article_6.html

高千穂




 宮崎県の高千穂に行って来ました。
 上の写真(及びプロフィールの写真)は高千穂峡で撮った写真です。
 とても綺麗な景勝地です!観光客も大勢訪れていました!

 この地には、有名な「天孫降臨の伝説」があり、アマテラス(天照大御神)が
降り立った地とされています。
 
 とても静かで のどかな 自然が一杯の居心地の良い 素敵なところでした!



【高千穂駅】

宮崎県の「延岡駅」で乗り換えて およそ1時間あまり。。。
途中 滝や大橋 自然がいっぱいの 山々を電車で走り抜けて行きます!
携帯電話はほとんど繋がりませんでした。
のどかなトロッコ電車もありましたが、この日は時間が合わずに乗れませんでした!



【高千穂の山々】
 
 大きな橋がとても多い!10個以上はありました!



【高千穂の丘の上から撮影】 

 自然に恵まれた のどかで空気の美味しい場所でした!!


 段々畑のある 自然豊かな地です。ここに天孫降臨したのかな?という
想いが感じられて来るようでした。

 【高千穂峡】はこちらをご参照下さい → http://miyazaki.daa.jp/takachiho/


 天岩戸神社に行って、天岩戸を見て来ましたが、残念ながら写真撮影は禁止ということで、カメラに収めることは出来ませんでした。
是非また行ってみたい素敵な場所です。



【天手力雄命(アマノタヂカラオノミコト)の像】

 天岩戸神社の入口にある駐車場脇に
 「天手力雄命(アマノタヂカラオノミコト)の像」があります。

 かなりの迫力です!(笑)

 何しろ 「天の岩戸」を 長野県の戸隠村まで飛ばした怪力ですから・・・



【神々(アマテラス)の系図】

 これは 駐車場脇にあった → 「神々の系図」の看板です。

 イザナキ イザナミ アマテラス・・・ と歴代のお名前があります。



【天岩戸神社】

 この神社の裏手に「天岩戸」があります。但し、撮影禁止!残念・・・。



【銀杏がアーモンドの形をしている】 これは珍しい!!


 神主さんが見せてくれました!!



 更に、西宮から川沿いまで降りて上流へ行くと 「天の岩屋」に隠れられた
天照大神を祠から引き出すため 神々が集まって相談したといわれる
「天安河原」があります。




【天安河原へ向かう川沿いの道】

 川はかなり澄んでいて綺麗でした。でも、歩くと結構シンドイ!!




【天安河原】



 九州・宮崎県の高千穂は高天原(神々の住む惑星?)からアマテラス
(天照大御神)や その他 八百万(やおよろず)の神々が天孫降臨したという
伝説が残っています。
 
 そのことは、「古事記」にも詳しく記載されています。
 
 また このことは、以下の「口語訳古事記 完全版」という書籍にも、
「天の浮橋(アメノウキハシ)」が「宇宙ステーション」であるということがちゃんと
書かれています。

 「天の浮橋」とは、「高天原(神々が住む世界)」から「葦原の中津国(地上)」
へ降り立つ際に立ち寄った宇宙に浮かぶ「中継基地」であったと考えられます。


 この本かなり真面目な本ですが、そのように書かれていることから見て、
「古事記」を詳しく読めば読む程、そのようにしか解釈しようがないということが
ハッキリして来ます。
 
 古代に“天空から飛来した人々”との交流があったことが この書物を読むと
分かって来ます。
 
  
  「口語訳古事記 完全版」







 
 

 すべての答えは、こちらの本の中に書かれています!!


真実を告げる書―異星人からのメッセージ(ラエル/無限堂)



☆今ならメッセージの本がここから → 【無料でダウンロード】できます。
(電子ブック形式)