イギリスのストーン・ヘンジ(「世界遺産」)

画像

 イギリスのストーン・ヘンジは、紀元前4000~前1000年頃に3段階に分けて築かれたと考えられています。
 
 ストーンヘンジの魅力は、その姿形も然ることながら、その存在の『不思議さ』から来ているのかもしれません。一体いつ頃?誰が?何の目的で?どうやって建てたのか?については、様々な仮説はあれど、今もなお謎のままで、ただ石たちは沈黙したまま聳(そび)え立っています。

 またストーン・ヘンジは、1986年に「世界文化遺産」に登録されています。
 中央に高さ約7mの巨大な組石5組を馬蹄形に配した世界有数の巨石記念物で、イギリスにかつては住んでいたケルト人の信仰するドルイド教の祭祀(さいし)場とか、ローマ支配時代の神殿とみる説もありましたが、現在では太陽信仰と関係の深い祭祀場、或いは天体観測をもとにした時計か暦、古代の天文台であるとする説が有力です。
 また、最初のサークルを構成する石は「ブルー・ストーン」と呼ばれ、近くで採取される石ではなく、素材となった巨石は1個あたりの重さがおよそ50トンに達し、それらは北へ30キロメートルも離れた場所から船で運び込まれたと考えられていますが、なぜ約4000年前にこれだけの巨石を運ぶ技術があったのか謎が残るところです。
 
 そして、どのようにして巨大な石を乗せたのかについては、てこを使ったなどの説がありますが、これも謎のままなのです。
こんな大きな石、一体どうやって乗せたんでしょうね?
 
 また、ストーン・ヘンジ以外にもストーン・サークルやドルメン(石舞台)などの数多くの「巨石遺跡」が発見されており、かつてこの地方に高度な技術を持った「巨石文明」が存在したことは間違いないのですが、一体何の目的で築かれたかについては未だ巨石は語ってくれません。

【巨石文明の共通点】
そして、巨石文明は世界各地に存在し、日本にもドルメン(石舞台)として、九州や奈良にも点在し、ストーン・サークルも見つかっています。
また、広島県には『タイル石』と呼ばれるものが、1万年以上前の岩肌にタイルが張り付いたままの状態で見つかっています。現在の技術をしてもタイルを1万年もの間、剥(はが)がれない状態で保つことは不可能と言われています。ここは人里離れた高い山々の中に、忽然と「巨石文明」の痕跡が現れます。

【ミステリーサークル】
イギリスには、ストーン・ヘンジやストーン・サークル、ドルメンなどの「巨石文明」の痕跡と並んで、世界的に有名な不思議なデキゴトが多発しています。

それは、“ミステリー・サークル現象”です。

サークル状に“円”を描くのが共通点です。
また、イギリスにはシルバリー・ヒルや円形の“人工の丘”も多数見つかっています。
これらの丘の共通点は、円形の逆すり鉢状になっていることです。また、日本に存在する円墳にも似ています。“前方後円墳”というのは教科書でも習うことですが、前方に方形がない状態の“円墳”もまた 日本で多数見つかっています。
イギリスに存在するこの“謎”は一体何を物語っているのでしょうか?


これらの古代の遺跡やサークル現象は、私たちにどのようなメッセージを伝えようとしているのでしょうか?知的好奇心を呼び起こします。

知性を働かせて、イメージをふくらませて考えると、ホントに興味の尽きないトコロですね♪


【リンク】
http://spaces.msn.com/members/fushigihakurankai/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 29

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

うさぎ
2009年11月20日 10:56
よくわかりました

この記事へのトラックバック