【特集】アビドスのオーパーツ

画像
<世界のオーパーツ>

今回から世界中の遺跡、巨石文明、オーパーツについて検証してみたいと思います。

まず、オーパーツの説明をする前に、オーパーツの意味をご説明します。

オーパーツとは、英語で「ooparts」と表記し、Out Of Place Artifactsの略です。
意味としては、「(時代的に)場違いな遺物」を指します。
即ち、その時代に存在するはずのない、高度な技術や近代の知識やテクノロジーが使用されている遺跡や遺物のことを指します。

世界中のオーパーツの中でも一際 その存在が知られていて、また、説明が付かないオーパーツの代表に、エジプトのアビドスにあるオーパーツ(彫刻)が挙げられます。

【不思議特集】アビドスのオーパーツ

エジプトのアビドスにある「セティ1世葬祭殿」には、世界的に有名なエジプト王の「王名表」があります。

〔ツタンカーメン王と王名表の謎ついて〕
また、この「王名表」をめぐっては、つい最近のニュースでツタンカーメン王のミイラを再検査したという報道があったばかりです。
ツタンカーメンと言えば、黄金の仮面(マスク)で知られる約3300年前の古代エジプト第18王朝の少年王ですが、このツタンカーメン王の名前が、この「王名表」には記されていないのです。この「王名表」に記されていないという件に関しては、今もなお謎のままで、撲殺説などのさまざまな憶測がされていますが、まだ解明されていません。
今回、このツタンカーメンのミイラをCTスキャンによって再検査し、死因を詳しく探り、エジプトの歴史に埋もれた謎の解明が進められています。

【アビドスのオーパーツ】不思議な壁画のレリーフ

そして、その有名なセティ1世葬祭殿の壁のレリーフには、とても不思議なものがあります。

それは、どう見ても現代の「ヘリコプター」や「ジェット機」そして、「UFO?」としか見えない不思議なレリーフが存在します。

そう、それは「王名表」やエジプト時代のレリーフの描かれた壁面に突然と現れます。
そして、それはセティ1世葬祭殿を支える柱と梁の要の部分にくっきりと刻まれて(彫刻されて)いるのです。

これは、一体何なのでしょうか?

【リンク先:アビドスの壁画】
http://www.osiris-express.com/travel/3abydos/aby1.html

これらは世界中に存在する古代の遺跡(巨石文明)が、もしかすると「他の惑星から飛来した知的生命体」によって築かれたという可能性を否定できません。

また、これらの遺跡は私たちにどのようなメッセージを伝えようとしているのでしょうか?

知性を働かせて、イメージをふくらませて考えると、ホントに興味の尽きないトコロですね♪

--------------------------------------------------------
【世界の巨石文明と地球外知的生命体との関わりについて】
1.ピラミッド:エジプトや中南米に存在する巨石文明
2.巨石文明:有名なイギリスのストーン・ヘンジやサークル、
  ドルメン(石舞台)。日本にもドルメン(石舞台)は奈良や九州など
  各地に存在します。
3.空中都市:南米ペルーのマチュピチュの空中都市遺跡(世界遺産)

※註:中米パレンケのピラミッドには、有名な「パレンケの石棺」という
    のが存在し、その石棺には、まるで宇宙船(ロケット)を操縦して
    いるようなレリーフが描かれている。
※註:「ドルメン」とはケルト語から来ている言葉で、「ドル」がテーブル、
「メン」が石を指す言葉です。つまりドルメンとはテーブル状の
    石造物を指したもので、その分布は意外 にもヨーロッパから
    アジア、そしてアフリカにまで及んでいます。
日本では「支石墓」または「石舞台」と呼び、奈良や九州など
    各地でドルメンが見つかっています。

※註:南米ペルーのマチュピチュの空中都市には、剃刀(カミソリ)の
    刃も入らない程の精密な組み合わせで、巨大な石組みがされ、
    都市を形成しています。
 また、この空中都市は、地上およそ2,300mという高山の
    天辺に  こつ然と現れるのです。
     また、ペルーには宇宙からも見えるという、有名な「ナスカの地上絵」
    が存在します。




 すべての答えは、こちらの本の中に書かれています!!


真実を告げる書―異星人からのメッセージ(ラエル/無限堂)



☆今ならメッセージの本がここから → 【無料でダウンロード】できます。(電子ブック形式)




 


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 12

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス

この記事へのコメント

隊長
2007年12月19日 20:59
アビドスのヘリコプターのような。
その右のレジャーボートのようなレリーフ。
それらは、プラズマ雲に飲まれて消滅した人々のメッセージでは?
専門家に言わせると「通常は分解されてしまう」が、中には時空移動してしまうケースも。
未来は起こっていないことなので有得ないが、過去ならばワープしているかもしれないと。
管理人
2007年12月19日 21:53
管理人のFushigiです。

隊長さん、コメントありがとうございます。
私はもっと単純に科学的に考えています。
それは、当時の人々がこれらの空飛ぶ乗り物を見て描写したか?または、それらの乗り物で飛来した人々がレリーフを彫り残したという考えです。色々な考え方がありますので、それぞれの方の考えは尊重いたします。
2020年02月28日 05:38
拝見しました。
実際現地で壁画を見たら、
まだ発見されてないヘリコプター級のがあるかもしれませんね。
エジプトのオーパーツについて書きました。
よろしければ遊びに来てください。
2020年05月08日 13:58
拝見しました。
まだ他にも発見されてないのありそうですね。
オーパーツに関する記事を書きました。
よろしければご覧ください。

この記事へのトラックバック

  • 「荒俣宏の20世紀ミステリー遺産」集英社

    Excerpt: 目次 リプレー「信じようと信じまいと」コレクション、ウィンチェスター・ミステリー・ハウス、リリ・エルベの肖像画、アンジェリンの看板、東京大学雪男探検隊、石原慎太郎のネッシー探検隊、オリバー君、フルカ.. Weblog: 叡智の禁書文庫 racked: 2005-01-31 21:29
  • ◇◆驚異!謎のオーパーツ~その2◆◇

    Excerpt: フランスで1680年代に作られたコインのデザインに、UFOらしき図柄がが描かれており、専門家たちを悩ませているそうです。その議論の的になっているコインがコレ(それぞれ表とウラ)このコインは額面などがな.. Weblog: 珍しいモノ☆ヘンなモノ大図鑑 racked: 2005-02-12 12:29
  • クフ王のピラミッドに現れたUFO

    Excerpt: &nbsp;                       「クフ王のピラミッド」に現れたUFO エジプトの3大ピラミッドの真ん中にある「クフ王のピラミッド」の横にUFOが出現したそうです。(今年20.. Weblog: 新・世界不思議博覧会 racked: 2006-06-18 18:19
  • クフ王のピラミッドに現れたUFO

    Excerpt: 「クフ王のピラミッド」に現れたUFO Weblog: ☆世界のフシギ&謎解き大辞典☆ racked: 2006-06-18 18:21