アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「宇宙」のブログ記事

みんなの「宇宙」ブログ


【続報】NASA発表!

2010/12/03 05:34
画像


日本時間12月3日午前4時から、NASAによって「地球外生命体」に関する
会見がNASA TV にて生中継されました。

宇宙人に関することではないか?

地球外生命体の痕跡を発見したんじゃないか?

火星の隕石から何か発見したんじゃないか?

…と、憶測がされていましたが、

実際に発表された内容は以下の様な内容でした!

いずれTV報道や新聞などでも詳しく取り上げると思います。

すごい発表を期待していた人には、若干肩透かしを食らった感はありますが。。。

これはこれで宇宙の(地球外)生命の探査に関しては重要な意味を持った内容
ではあります。



「ヒ素を食べるバクテリア」発見、初の元素置換生物 NASA発表

生物にとって必要とされるリンの代わりに有毒なヒ素を摂取し、遺伝情報を担うDNAにも利用するバクテリアが、米カリフォルニア州の塩湖で発見された。生体を構成する主要元素を、別の元素で代用できる生物が見つかったのは初めて。生物の概念を広げる発見で、地球外生命の探索でも視野を広げる必要がありそうだ。米航空宇宙局(NASA)などの研究チームが、2日付の米科学誌「サイエンス」(電子版)に発表した。

 「ヒ素を食べるバクテリア」が発見されたのは、米カリフォルニア州東部のモノ湖。アルカリ性で塩分濃度が高く、ヒ素などの有毒物質も多く含まれている。生物にとっては過酷な極限環境だ。

 NASAの研究者らは採取したバクテリアを研究室で培養し、リンがない環境下でも増殖することを確認。生命活動を担っていたリンをヒ素に置き換えて、生命を維持していることを実証した。バクテリアが摂取したヒ素が、細胞に入り込んでいく様子を「放射性トレーサー」という手法で詳しく追跡すると、ヒ素はDNAまで到達し、完全にリンと置き換わっていた。

 生物の体は主に炭素、水素、酸素、窒素、硫黄、リンの6つの元素でできている。リンはDNAなどの核酸や脂質、タンパク質などの生体高分子が必要とするリン酸塩をつくる重要な元素だ。これに対し、ヒ素はさまざまな酵素の働きを阻害するため生体にとって極めて高い毒性を持ち、古くから毒薬やネズミ駆除剤として使われてきた。


記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 0


NASAが地球外生命体に関する発表を行う!!

2010/12/01 22:49
画像



NASAが遂に『地球外生命体』に関する発表を行う!ということでTV報道や
新聞、ネット上で話題になっています!!


宇宙人に関する発表じゃないか?とか…

何か地球外生命体を宇宙で発見したのでは?とか…


様々な憶測が憶測を呼んでいます!

発表は日本時間の12月3日午前4時(2日の深夜から朝方にかけて)に
公式サイトでライブ中継されます!!

興味のある方は是非アクセスしてみてはいかがでしょうか?!



NASA宇宙人発見か 公式サイトでライブ中継へ

 「宇宙人発見!」のニュースとなるのだろうか。米航空宇宙局(NASA)は、ワシントンのNASA本部で、宇宙生物学上の発見に関する会見を2日午後2時(日本時間3日午前4時)に開くと発表した。

 会見のテーマは「地球外生命体の証拠の探索に影響するであろう宇宙生物学上の発見」。宇宙生物学の起源や進化、宇宙での生活についての研究について専門家5人が発表する予定という。会見はNASAの公式サイトでライブ中継される。

 NASAが宇宙人を発見したのかどうか気になるところだが、内容次第ではまさに歴史的な会見となる。それだけにネット上には「宇宙人がいたってことか?」「UFOを見つけたのか?」などと書き込みが相次いでおり、関心の高さを物語っている。

 地球外生命体をめぐっては、NASAが昨年11月、生命の痕跡があるのではと注目されていた火星由来の隕石を詳しく調査した結果、やはり生命の痕跡らしきものがあると発表し、研究者の間で激しい議論が戦わされている。

 NASA以外にも多くの研究者が電波望遠鏡を使って人工的な信号をキャッチしようと探査を行っている。



※また、宇宙人と会見した人のインタビューを読むことが出来ます!
   『宇宙人とのインタビュー』




記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


月面に大量の水が存在=米NASA

2010/10/23 17:28
画像



以前から、月には大量の水が存在すると言われ続けて来ましたが、
今回NASAが月面にかなりの量の水が存在することを発見し、それを
正式に発表しました!
それもサハラ砂漠にあるとされる水のおよそ2倍の量もあるそうだ!

今回の発見で月面に有人基地を建設する、とか 惑星間旅行に必要な
水や水から酸素、水素を抽出して利用という議論がますます盛んになる
ことでしょう!

何だか俄然楽しくなって来ました!火星旅行も夢じゃなくなって来ました!



画像


また、銀や水銀も大量に見つかったそうです! ⇒ 記事へ

月面にはかなり大量の水が存在=米NASA

米航空宇宙局(NASA)は月面に相当量の水が存在することを発見した。それもサハラ砂漠にあるとされる水のおよそ2倍の量だ。今回の発見で月面に有人基地を建設しようという議論が勢いづくことになるかもしれない。

 NASAは昨年の大胆な実験で、時速5600マイル(約8900キロ)でロケットを月のクレーターに衝突させた後、2つの周回軌道衛星を利用して衝突の衝撃で舞い上がったちりの成分を調べた。これによってクレーターに氷の状態で水分が含まれていることに加え、水素とアンモニア、メタン、水銀、ナトリウム、銀など他の物質が発見された。

 NASAは22日に発表される米科学雑誌「サイエンス」誌に、昨年のデータをさらに詳細に分析し6つの研究報告にまとめ、予想されていた以上の水が月面に存在すると結論付けた。

 NASAエームズ研究センターの宇宙科学者で、この研究報告の1つの共著者、アンソニー・コラプリート氏は「(月には)非常に水分が多い」と述べた。調査対象となったクレーターの土壌の全質量の5.6%が氷水だと推定している。言い換えると2200ポンド(約1000キロ)月のちりのなかに10数ガロン(1ガロン=約3.79リットル)の水が存在していることになる。

 相当量の水が存在することで、惑星間の探検への道につながる有人基地の建設議論が勢いづくことになろう。水素と酸素はロケット燃料の主要成分だけに水の存在は非常に重要だ。

 地球から大量の水を輸送する費用は膨大なため月に水資源を持つことは決定的な重要性を持つ。NASAによると、月までの打ち上げコストを重さで割ると、月まで1ポンド(約450グラム)の水を運ぶと5万ドル掛かることになるという。

 米国が近い将来に月への有人飛行には取り組むことはないだろう。オバマ米大統領は最近、10年間で宇宙飛行士を月に送り込むというNASAのプログラムを中止した。一方、NASAは、より壮大な長期的計画の火星への有人探査計画に取り組んでいる。

 しかし月に行こうとしている国は多い。中国は2025年までに、インドは2020年までに宇宙飛行士を月面に送り込むと宣言している。日本は、将来的に有人宇宙飛行を実施する足掛かりとなる無人月面基地を10年以内に建設したい考えだ。

 NASAの科学者らは今回の調査の場所を注意深く選んだ。月の回転軸の傾きのため両極に位置する大きなクレーターの底は直接太陽光線が当たらず月面で最も寒い。調査の対象は南極からそれ程遠くない「カベウス」という名の極寒のクレーターだった。

 月面の大部分は地球上のどの砂漠よりも乾燥しているとみられている。これまでも地上からの観測によって月面の極寒地域に水が存在するとみられてきたが、これまでそれを証明する直接的証拠はなかった。


記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


【続報】火星に水の成分を確認!

2008/08/02 17:30
画像


先日、NASAは火星に氷の成分を発見したというNEWSを発表したばかりですが、
今回、その氷の成分を詳しく分析したところ“水”(水蒸気)の成分を確認した
と正式に発表しました。

これにより「火星に(現在も)生命が存在する、又は過去に存在した」可能性が
示されたことになります
このことで俄然 宇宙の“他の天体に存在する生命体”に興味が湧いて来ます

これで、もし火星に何らかの生命体が存在することになったら、大騒ぎになる
んでしょうね。。。きっと。。。

そうなれば、宇宙(の他の惑星)には「多くの生命」で溢れている
という説にも注目が集まると思います。


◆火星に「水」、NASA確認 採取の土に含有

【ジョンソン宇宙センター(米テキサス州)=勝田敏彦】米航空宇宙局(NASA)とアリゾナ大などは7月31日、火星の水を確認したと発表した。無人探査機フェニックスが採取した土を加熱したら、水と同じ融点の物質が含まれており、微量の水蒸気の放出も確認できた。
 フェニックスは6月に撮影した写真の分析から、地表のすぐ下に氷があることを確認していた。今回、それが水が凍ったものだという「証拠固め」ができた。
 フェニックスは、火星の地表を掘り返して採取した土を加熱して、放出されるガスを分析するとともに、サンプルの融点や沸点も測っている。
 氷を加熱すると、地球上の1気圧の条件では0度で融点に達し、急に温度があがりにくくなる。今回、深さ5センチのところから採った土を加熱する実験で、同様の現象が起こり、水蒸気も放出された。
 ただし、加熱したサンプルに含まれる水分は少なく、数%とみられている。
 研究チームのウィリアム・ボイントン・アリゾナ大教授は「融点の確認も水蒸気の放出もどちらも重要。片方だけでも水の確認になると考えている」としている。



動画ニュースもどうぞ  → NHK動画ニュース



記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


「やっぱりあった!」火星に氷 NASA発表!

2008/06/25 18:44
画像


以前から「ある!ある!」と言われて来ましたが、今回の火星探査機フェニックスで極地域を調査したら、やっぱり「氷」と思われる証拠が見つかったようです。
ショベルの様なアームで掘ったら、白い「氷」のような部分が見つかり、時間が経ったら解けてなくなってしまったようです。。。
これは、ドライアイスや塩ではなく、水(=H2O)が凍ったものだそうです。

火星に「氷」が見つかると「水」も存在することになり、ある種の生命体が存在している可能性が高まって来ました

もしも、火星に「生命体」が見つかれば“大発見”ですね

今後の調査に期待したいです



火星に氷「やっぱりあった」 NASAなど、写真分析で

米航空宇宙局(NASA)とアリゾナ大などは20日、火星探査機フェニックスが撮影した写真の分析から、火星極域の地表近くに氷が存在することを確認した、と発表した。今回の発見で、かつて温暖だった火星には地球型生命に不可欠な液体の水が存在し、微生物などが生きられる環境だった可能性が高まった。
 確認の決め手は、ロボットアームの先のスコップが火星の土をすくい取った跡の写真。15、16日に撮影された写真では、さいころ大の白っぽく光る塊が写っていたが、19日の写真では消えていた。
 これらの塊は氷や塩、またはドライアイス(二酸化炭素の氷)の可能性がある。しかし、蒸発して消えたとみられることと、少なくとも1日間は安定に存在していたことから、塩やドライアイスである可能性はないという。
 計画の主任研究者でアリゾナ大のピーター・スミス上級研究員は「この光る塊は水が凍ったものであり、ほかの物質ではないことを示す証拠が見つかった」と話した。
 5月25日に軟着陸したフェニックスは、土のサンプルを加熱し、出てきたガスの分析から氷や生命の痕跡である有機物の確認も目指している。


記事へ面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


米火星探査機 火星の生命探しへ

2008/05/28 00:02
画像


画像


画像


米航空宇宙局(NASA)の火星探査機フェニックスが、火星北極付近の平原に軟着陸し、今後3カ月間で火星に氷や生命の痕跡である有機物が見つかるか調査を開始しました。

火星には水が存在したことがほぼ確実視されていて、過去に生命(微生物のような)が存在した痕跡が見つかるのでは?と言われ続けて来ました。

今回の実験では、ロボットアームで約50cm程度掘り続け、水や氷、生命の存在を示す有機体の有無を調べます。
今回は、機体に様々な改良が施され、土は採取後、約1000℃まで過熱して、発生する気体をその場で化学的分析と電気伝導度・熱伝導度など物理的方法とで同定するそうです。


また、今回 地球の永久凍土によくみられる、地面の亀裂が多角形の模様になっている地形を撮影し公開しました。かなり地球の状態に近いことが判ります。

果たして、火星に生命は存在するのか?

興味は尽きないところです!!


米火星探査機、軟着陸に成功 氷・生命の痕跡探しへ

 【パサデナ(米カリフォルニア州)=勝田敏彦】米航空宇宙局(NASA)の火星探査機フェニックスが米太平洋時間25日夕(日本時間26日朝)、火星の北極に近い北緯68度付近の平原に軟着陸した。約3カ月間火星で活動し、氷や生命の痕跡である有機物の発見を目指す。

 エアバッグに包まれ、地面で弾む方式ではなく、有人探査にも応用できるガス噴射による軟着陸は76年のバイキング1、2号以来、32年ぶりで、極域への着陸は初めて。 昨年8月に打ち上げられ、約6億8千万キロの旅をしてきた。着陸約7分前、火星の大気圏に時速2万1千キロで突入し、パラシュートを開き、ガス噴射で時速8キロまで減速して軟着陸した。

 着陸を知らせる信号が、管制室があるNASAジェット推進研究所(JPL)に届いたのは米太平洋時間25日午後4時53分。火星から地球まで電波が届くのに15分かかるため、実際の着陸は午後4時38分だが、管制室は大歓声に包まれた。

 フェニックスは最深50センチほど地面を掘って土を採り、氷が含まれているかどうかを確かめる。氷や有機物が見つかれば、かつて火星に液体の水があり、地球型生命が存在していた可能性が高まることになる。




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


企画展『エイリアン展』が3月20日に開催!!

2008/02/28 01:44
画像


企画展『エイリアン展』 がいよいよ3月20日に開催されます!!

主催 は、日本科学未来館、フジテレビジョンが行い、 企画制作に英国のSCIENCE & MEDIA LLPが参加するそうです。

果たしてどんな展示会になるのか?ナスカ展ではナスカの地上絵の制作に「異星人」の関与があったかどうか?について具体的に触れませんでしたが、今回はタイトルからしてモロに地球外知的生命(=ET)の存在を前面に出した企画展だけに興味が湧いてきます。
出来れば、子供ダマシな企画で終わって欲しくないと期待しているのですが。。。

昨年は、国会議員による「UFO発言」で物議を醸しているだけに、UFOや異星人、宇宙に関しては興味が尽きないところですね。

興味のある方は是非足を運んでみて下さい。

場所はお台場にある「日本科学未来館」です → 
こちら

----------------------------------------------------
会期 : 2008年3月20日(木・祝)〜6月16日(月)
開館時間 : 午前10時〜午後5時(入館は閉館時間の30分前まで)
※5月3日〜5月6日は午後6時まで開館時間を延長
場所 : 日本科学未来館 1階 企画展示ゾーンb(住所:東京都江東区青海2-41)
休 館 日 : 毎週火曜日(ただし4月1日、4月29日、5月6日は開館)

入場料 : 大人 900円、18歳以下 350円
      /団体8名以上 大人 800円、18歳以下 310円
※常設展示見学可
※障害者手帳所持者は当人および付き添い者1名まで無料
主催 : 日本科学未来館、フジテレビジョン
後援 : ブリティッシュ・カウンシル
企画・制作 : SCIENCE & MEDIA LLP(英国)、日本科学未来館、フジテレビジョン
お問い合せ先 : 日本科学未来館
〒135-0064 東京都江東区青海2−41
TEL:03-3570-9151 / FAX:03-3570-9150
-----------------------------------------------------



「異星人からのメッセージ」に興味がある方は → こちら

※上空から音もなく現れた銀色の空飛ぶ円盤(=UFO)から現れた異星人から、人類の未来を左右する重大なメッセージがある男に託されました。



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


火星に人影?!

2008/01/24 12:45
画像


火星に人の影が写っている・・・ということで今話題になっています。

NASAが火星に送り込んだマーズ・エクスプローラー・スピリットが火星で撮影した写真の中に、 火星人と思われる写真が見つかり大騒ぎになっています。
今朝のテレビ朝日のニュースでもやっていました。
丘の上で座っている人間と思われる何かの映像または影が写っております。
この写真は中国のWebサイトで発見され、話題に火が点いたそうなのですが、
現在この写真の審議をめぐって論争が繰り広げられているそうです。


以前にも火星人の骨が見つかったニュース → こちら
が話題になりましたが、こちらと同じ感じかな〜、と思いますが・・・
一度写真をご覧になってみて下さい。


「信じるか信じないかはあなた次第・・・」(ハローバイバイ関さん風)

火星人か?NASA探査ロボット撮影の写真で騒然
 ニュース(動画ニュースも見れます)

こちらは英文のサイトです → 記事


火星人か?NASA探査ロボット撮影の写真で騒然
 NASA=米航空宇宙局が、火星で撮影した写真に人のようなものが写っていることが分かりました。

 これは、2004年にNASAが火星に送り込んだ探査ロボット「スピリット」が撮影した写真です。岩肌のような地形の端に写った部分を拡大してみると、なにやら人間の姿のようにも見えますが、これが果たして「火星人」なのかは定かではありません。4年前の写真ですが、最近になって中国のインターネットでこの人影らしきものが指摘され、論議を呼んでいるそうです。
 


《おまけ》
こちらはNASAが公開している高解像画像です → 
こちら

左下に人影があります。またやや中央より右上に青い(?)湖?水溜り?みたいなものも写っています。砂漠がそう写っているのかもしれませんが、他の箇所より青く写っているのが印象的です。
また、右下には人工的な『ナスカの地上絵』の様な模様が見えます。見方によっては、『道』の様にも見えます。探査車のタイヤ痕にしては大き過ぎるのでは・・・






記事へ驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


最も地球に似た惑星

2007/04/25 11:33
画像


「最も地球に似た惑星」が太陽系外の地球から約20光年離れた場所で

見つかったそうです。

この惑星の名前は グリーゼ581C(英名:Gliese581c)」
というそうです。

【※グリーゼ581Cは中心から2番目の第2惑星。Aは中心星(恒星)で、Cは2番目
に当たる。因みに、地球は太陽系第3惑星なので“D”となる。】

地球で言うと太陽に当たる「グリーゼ581(英名:Gliese581)」という恒星の周りを

わずか13日間で公転しています。 ← これはものすごいスピードです

こちらで動画が観れます → 英語版   日本語版

地表面には岩や海が存在し、平均気温は0〜40度で、

生命の誕生に不可欠な液体の水が存在する環境

が整っているとのことです。
 
一昔前までは、恒星以外の惑星の存在すら解らなかったのに・・・

惑星の環境を特定出来る程まで解明出来る様になったんですね。

これはとても目覚ましい進歩だと思います

今後、こういう環境の惑星に、実際に「生命活動があるのか」ということも

わかって来るのでしょうね。 今後の研究成果が楽しみです。

(但し、事実を隠さずキチンと発表してくれればの話ですが・・・)


asahi.comより「最も地球に似た惑星」欧州チームが発見 表面に岩や海
 
欧州南天天文台(ESO)は24日、これまでに見つかった太陽系外惑星の中で「最も地球に似た惑星」を見つけた、と発表した。平均温度は0〜40度で、生命の誕生に不可欠な液体の水が存在できる。表面は地球のように岩や海で覆われているとみられるという。

 惑星と赤色矮星との距離は、地球と太陽との距離の14分の1しかないが、赤色矮星の温度が太陽よりずっと低いため、水が液体で存在できる適温が保たれている。

 観測チームは「将来の太陽系外の生命探査で、最も重要な探査対象になる」と強調している。


technobahn.comより「ヨーロッパ南天天文台、地球から20光年の彼方に地球型の惑星を発見」
記事へ驚いた ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0


土星の北極上空に謎の巨大六角形

2007/03/29 23:47
画像


土星の北極上空に「謎の巨大六角形」が存在するのを撮影した画像をNASAが公開しました!!

なぜ こんな形になっているか?不明だそうです。

これは自然現象なのでしょうか? それとも人工的?

◇こちらで動画映像が観れます!!(英文) ← ここをクリック

それにしても 観ればみる程 不思議な画像ですね〜。

【解説:六角形とダビデの星の関係】
六角形は英語で「Hexagon(ヘキサゴン)」、そう島田紳助さんが司会を務める
クイズ「ヘキサゴン」でも有名です。
そして、六角形で連想するのは六芒星(Hexagram)。ダビデの星とも言います。
これは、ダビデ王の紋章であり、イスラエル国旗に描かれているマークです。
六つの頂点を持つ星形で頂点を線で結ぶと正六角形になります。
この六角形は、土星衛星タイタンに現れた謎の「ダビデの星」と
何か関係があるのでしょうか? → 「ダビデの星」  ← ここをクリック


【コメント】
土星は太陽系第6番惑星です。6番目と6角形は何か関係があるのでしょうか?
もし関係があるとすると、何らかの地球外知的生命の関与があると思われます。
もしかすると、これは超巨大ミステリー・サークルの惑星版なのでしょうか?

-----------------------------------------------
[NASA]謎の巨大六角形画像公開 「カッシーニ」撮影

【ワシントン】米航空宇宙局(NASA)は27日、米欧共同無人探査機「カッシーニ」が撮影した、土星の北極上空を覆う六角形の渦状構造の画像を公開した。80年に米探査機「ボイジャー」が発見したもので地球4個分の大きさだが、26年後の現在も残っている。NASAは地球の極地方で形成される低気圧の一種に似たものと推測しているが、六つの辺が安定的に維持されている理由は分かっていない。


 NASAによると、渦は昨年10月30日にカッシーニに搭載された赤外線分光計で約130万キロの距離から撮影された。幅約2万5000キロ。垂直方向は100キロほど大気内に伸び、反時計回りに回転している。土星の北極地方は15年続く夜のさなかだが、約2年後に可視光での観測が可能になるとみられている。

記事へ驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


タイトル 日 時
土星の衛星タイタンの湖をNASAの探査機が撮影
土星の衛星タイタンの湖をNASAの探査機が撮影 土星の衛星タイタンの湖をNASAの探査機が撮影 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/13 15:23
火星に特有生命がいたはず!
火星に特有生命がいたはず! 米航空宇宙局(NASA)の火星探査機は、生命を見つけ損なっていたかもしれない――。こんな仮説を、米国の研究者がワシントン州シアトルで開催中の米天文学会で7日、発表しました。約30年前に火星に着陸したNASAの探査機「バイキング」が地球に生息するタイプの生命を探す実験ばかりをした結果、火星環境で生息して来た微生物を見逃した可能性があるというのだ。 今更そんなお粗末な発表をされても・・・という感じです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/10 03:34
火星に水が存在する証拠映像
火星に水が存在する証拠映像 以前にも載せましたが、火星に水が存在する証拠が新たに発見されました! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/10 22:34
UFO動画大特集 第2弾!
UFO動画大特集 第2弾! どうぞこちらでお楽しみ下さい! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/03 21:00
タイタン突入時の映像公開!!NASA
タイタン突入時の映像公開!!NASA この映像は惑星探査機 『ホイヘンス』 が、土星衛星『タイタン』 の大気圏へ 突入する際に撮影された映像です。(正確にはCG化したモノです) ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/05/12 16:24
火星に水の痕跡?米探査機が撮影
火星に水の痕跡?米探査機が撮影 火星に水の痕跡?米探査機が撮影 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/14 18:31
皆既日食のハイライトシーン!!
皆既日食のハイライトシーン!! 日本時間の29日午後に撮影されたアフリカや中央アジアなどで観測された「皆既日食」の現地からのハイライトシーン(中継画像)を漸く観賞することが出来る様になりました!! インターネットではこの日食をライブ中継していましたが、一部で通信が途絶えるなどのトラブルで見れないシーンがありました。今回は、そのハイライトシーンが楽しめます!! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/11 15:51
皆既日食を29日にネットでライブ中継
皆既日食を29日にネットでライブ中継 日本時間の29日午後に、アフリカや中央アジアなどで観測される皆既日食を現地からの生中継画像で観賞するイベントを各地で開催します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2006/03/28 22:41
銀河系に「地球似」の新惑星を発見
銀河系に「地球似」の新惑星を発見 銀河系に「地球似」の新惑星を発見--研究者らがネイチャー誌で発表 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/29 00:48
タイタンの人工建造物
タイタンの人工建造物 火星や月面には、謎の人工建造物が存在することは既に知られていますが、土星衛星「タイタン」にも謎の巨大人工建造物が存在することは既報の通りです。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/01/26 19:39
火星に生命の可能性あり― 大量のホルムアルデヒド
火星に生命の可能性あり― 大量のホルムアルデヒド 火星に生命の可能性あり― 大量のホルムアルデヒド ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/01/11 20:58
 《宇宙のふしぎ大辞典》
《宇宙のふしぎ大辞典》  ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/04/11 22:41
【国立天文台・4次元デジタル宇宙プロジェクト】
【国立天文台・4次元デジタル宇宙プロジェクト】 【国立天文台・4次元デジタル宇宙プロジェクト】 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/02/02 20:19

トップへ | みんなの「宇宙」ブログ

☆世界のフシギ&謎解き大辞典☆ 宇宙のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる