アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「天文」のブログ記事

みんなの「天文」ブログ


米火星探査機 火星の生命探しへ

2008/05/28 00:02
画像


画像


画像


米航空宇宙局(NASA)の火星探査機フェニックスが、火星北極付近の平原に軟着陸し、今後3カ月間で火星に氷や生命の痕跡である有機物が見つかるか調査を開始しました。

火星には水が存在したことがほぼ確実視されていて、過去に生命(微生物のような)が存在した痕跡が見つかるのでは?と言われ続けて来ました。

今回の実験では、ロボットアームで約50cm程度掘り続け、水や氷、生命の存在を示す有機体の有無を調べます。
今回は、機体に様々な改良が施され、土は採取後、約1000℃まで過熱して、発生する気体をその場で化学的分析と電気伝導度・熱伝導度など物理的方法とで同定するそうです。


また、今回 地球の永久凍土によくみられる、地面の亀裂が多角形の模様になっている地形を撮影し公開しました。かなり地球の状態に近いことが判ります。

果たして、火星に生命は存在するのか?

興味は尽きないところです!!


米火星探査機、軟着陸に成功 氷・生命の痕跡探しへ

 【パサデナ(米カリフォルニア州)=勝田敏彦】米航空宇宙局(NASA)の火星探査機フェニックスが米太平洋時間25日夕(日本時間26日朝)、火星の北極に近い北緯68度付近の平原に軟着陸した。約3カ月間火星で活動し、氷や生命の痕跡である有機物の発見を目指す。

 エアバッグに包まれ、地面で弾む方式ではなく、有人探査にも応用できるガス噴射による軟着陸は76年のバイキング1、2号以来、32年ぶりで、極域への着陸は初めて。 昨年8月に打ち上げられ、約6億8千万キロの旅をしてきた。着陸約7分前、火星の大気圏に時速2万1千キロで突入し、パラシュートを開き、ガス噴射で時速8キロまで減速して軟着陸した。

 着陸を知らせる信号が、管制室があるNASAジェット推進研究所(JPL)に届いたのは米太平洋時間25日午後4時53分。火星から地球まで電波が届くのに15分かかるため、実際の着陸は午後4時38分だが、管制室は大歓声に包まれた。

 フェニックスは最深50センチほど地面を掘って土を採り、氷が含まれているかどうかを確かめる。氷や有機物が見つかれば、かつて火星に液体の水があり、地球型生命が存在していた可能性が高まることになる。




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


タイタン突入時の映像公開!!NASA

2006/05/12 16:24
画像

この映像は惑星探査機 『ホイヘンス』 が、土星衛星『タイタン』 の大気圏へ
突入する際に撮影された映像です。(正確にはCG化したモノです)

大気圏突入時の →  映像(動画)

分厚い大気に突入した後、徐々に陸地や山脈、海岸線、海が見えて来ます!

陸地や海岸線の形が地球そっくりなのが分ります。


画像


この映像に例の 『ダビデの星』 の形をした巨大人工建造物が写っているハズですが、今回は何故かカットされていますね。是非、そちらの上空からの映像も公開して欲しかったです。

その映像はこちらをご覧下さい!! →  『ダビデの星』


白黒の連続写真はこちらをご覧下さい!!(NASA提供/87枚目にあります!!)

→  『連続写真』   元記事はこちらです →  『NASA』

記事へ驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


火星に水の痕跡?米探査機が撮影

2006/04/14 18:31
画像
画像

火星に水の痕跡?米探査機が撮影

NASAは、火星へ先月到達した探査機「マーズ・リコナイサンス・オービター」がテスト撮影した画像から、水の痕跡が残っている可能性のある地点が見つかった、と発表しました。
先月、緑や赤外線の波長で撮影された。NASAなどがそのデータを重ね合わせ、地表面の微妙な色の違いを強調した結果、周辺と異なる物質に覆われている場所が浮き上がったそうです。
温泉や湖沼で鉱物が集積した可能性があり、「今後の詳しい探査の有力な候補地」(NASA)になるそうですよ。

記事はこちらへ →  NEWS

NASAはこれまでにも火星に水の存在があるとして様々な写真を公表しています。上の写真もその一部です。これらはクレーターから水が染み出ている写真や地表面から水が湧き出している写真です。

写真の元記事はこちらへ →  記事 



火星に水が存在することで様々な可能性が考えられます。

1.一つ目は、かつて「火星に生命が存在した可能性」が考えられます。
2.次に「水」を「酸素と水素」に分解して、「酸素」で日常生活をして、「水素エネルギー」を動力とした活動が出来ます。「水」も貴重な飲み水となり、動植物を育てるのに役立ちます。これらの点で火星を地球のような生命の溢れる実験場にすることが出来ます。未来が楽しみですね。



また、NASAは月面の水の探査にも興味を持っているようです。
「月へ探査機ぶつけ、水の有無を調査 NASA」というNEWSが載っていました。

記事はこちらへ →  NEWS  





さらに宇宙人の存在を望遠鏡や電波で探している「SETI」が本腰を入れたというNEWS記事も載っています。こんなタイトルで載っていました。「宇宙人を探す専用の巨大光学望遠鏡が完成! SETIは新章に突入へ」

NEWS記事はこちらへ →  NEWS 



これから宇宙や惑星の話題から目が離せないですね!



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


皆既日食のハイライトシーン!!

2006/04/11 15:51
画像
日本時間の29日午後に撮影されたアフリカや中央アジアなどで観測された「皆既日食」の現地からのハイライトシーン(中継画像)を漸く観賞することが出来る様になりました!!
インターネットではこの日食をライブ中継していましたが、一部で通信が途絶えるなどのトラブルで見れないシーンがありました。今回は、そのハイライトシーンが楽しめます!!


太陽の周りのコロナや赤く吹き上がるプロミネンス(紅炎)がくっきりと観測出来ます。また、ダイヤモンドリングも綺麗に写っています。


ライブ中継は、こちらの「ライブ!ユニバース」へアクセスして下さい!

 【LIVE! UNIVERSE】

(ハイライト映像:上のページの最下層をご覧ください)
また映像を見るには最新版のQuickTime Playerが必要です。
こちらからダウンロードして下さい → QuickTime Player

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


皆既日食を29日にネットでライブ中継

2006/03/28 22:41
画像日本時間の29日午後に、アフリカや中央アジアなどで観測される皆既日食を現地からの生中継画像で観賞するイベントを各地で開催します。

 また、インターネットで日食をライブ中継している民間団体「ライブ!ユニバース」(東京)が協力し、エジプト、トルコ、リビアの3カ所から行います。
 
 

 世の中便利になりましたね〜〜♪
 家に居てインターネットで生中継を見れます。

元記事はこちらへどうぞ

【皆既日食、各地で楽しんで 29日ネットでライブ中継】


今回の日食について

Astro Arts

ライブ中継は、こちらの「ライブ!ユニバース」へ当日アクセスしてみて下さい!

【LIVE! UNIVERSE】

皆既日食のライブ中継時刻が分りました。

中継時刻(日本時間)
2006年3月29日(水)
18:00中継開始
19:13リビア皆既開始
19:38エジプト皆既開始
19:53トルコ皆既開始
20:30中継終了



こちらはおまけですが、国立天文台のサイトで『4次元デジタル宇宙シアター』の映像が楽しめます。

『4次元デジタル宇宙シアター』

flash→NAVIGATOR→MOVIEの順に進んで下さい。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1


ローバーの影(UFO映像)

2005/07/10 15:54

「ローバーの上空に現れる謎の影」より


火星を探査するマーズ・パスファインダーから転送されて来た映像に「奇妙な影」が現れるのが写し出されていました。


動画はこちらから → ローバーの影(動画)



これは、火星表面を探査する小型探査車「ロバー」の上を奇妙な影が通過するのが偶然撮影され、地球に転送されて来たものです。
この影は火星の自然又は気象学上の現象として如何なる説明もつかず、火星の表面に他に存在するものを見つけることにNASAとNASAの役人達に混乱を生じさせました。その仮説は旧ソ連の関わりと、その他は「地球外からのものである」という結論に至りました。

転送されて来た写真でNASAにとって最も悩ませる要素は、影を投げかける物体が誇張なしに「ローバー」の上を横切る時に方向を変えている点にある、ということです。NASAの役人達は、いかなる自然または気象学上の現象で火星の影を説明することを疑っています。
「ローバー」を横切る影の方向が、ソジャナー・ローバーそれ自体が監視をされていたこと、ほとんどあたかも我々のミッションの写真を撮るという別の調査を示唆しているようで、NASAの非公式なソースはあまりにも不可思議なのです。
説明では、既に旧ソ連が調査のために火星に基地を建設していたというものと、地球外の文明が地球の研究のために基地を建設していて、今回パスファインダーに興味を持ったというものです。

但し、旧ソ連という仮説は、1997年7月14日の週まで、宇宙ステーション”ミール”が問題だらけであり、火災事故で故障していたことで、最初から弱いことは分かっていました。

さて、それではこの「ローバーの上に写った影」は一体何であるか?は説明しなくても分って来ます。
そう、もう一つの仮説が有力になって来ることでしょう。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


【国立天文台・4次元デジタル宇宙プロジェクト】

2005/02/02 20:19
画像
【国立天文台・4次元デジタル宇宙プロジェクト】

ここでちょっとブレイク・タイム! \(^O^)/

2月1日から、国立天文台提供による【4次元デジタル宇宙プロジェクト】がスタートしました。

誰でも無料で簡単にダウンロード出来、自宅のパソコンで楽しむことが出来ます。

宇宙の広大さ 不思議さ 生命のある惑星の大切さ(貴重さ) を感じることが出来ます!

コンテンツは以下の3つです。

■ プログラム
1.【MITAKA(ミタカ)】
Mitaka は、国立天文台の4次元デジタル宇宙シアターで上映用として使用されているソフトウェアです。天文学の様々な観測データや理論的モデルを使って、地球から宇宙の大規模構造までの非常に幅広い空間スケールを自由に移動して、宇宙の様々な構造や天体の位置を見ることができます。

■ ムービー
2.【宇宙の大規模構造】
宇宙の大きさが現在の約1/40であった約130億年前から現在までに、宇宙の大部分の質量を担うダークマターの分布や運動がどのように進化してきたのかを、大規模多体シミュレーションで調べた結果を映像化したものです。

3.【火星探検】
火星を周回して地形データを収集した探査機 Mars Global Surveyer の観測したデータを基に、火星の旅をします。このムービーでは探査機スピリットの着陸したグセフクレーターから探査機オポチュニティーの着陸したメリディアニ平原まで、火星半周の旅をします。途中オリンポス山やマリネリス峡谷といった火星の名所も訪れます。

中でも、【火星探検】は実際に火星上空をまるで“UFO”か高速宇宙船で飛び回ってるようなとっても不思議な感覚が楽しめます。好きな音楽をかけながら、お部屋の電気をやや暗くして、特殊な感覚をどうぞお楽しみ下さい。
また、他のコンテンツも太陽系の動きや宇宙全体を感じることが出来て、とても面白いです!!

 以下の国立天文台のサイトからお入り下さい。

【国立天文台】 
http://4d2u.nao.ac.jp/
リアルタイム天文データビューワー"MITAKA"の
ダウンロード開始は、2月1日よりスタート! 
 
【4次元デジタル宇宙プロジェクト・ダウンロード・サイト】
http://4d2u.nao.ac.jp/DOWNLOAD/download.html

【窓の杜 ZIP形式解凍フリー・ソフト】
http://www.forest.impress.co.jp/lib/arc/archive/archiver/
フリーウエアの「+Lhaca」がお奨めです。

----------------------------------------------------------


また、彼女と一緒に好きな音楽を流して、自宅に居ながら「プラネタリュウム気分」を味わいたい方には、こんなソフトもありますよ \(^o^)/!!
 
 今なら体験版が、無料でダウンロード出来ます。
 
 宇宙を感じてもらうには持って来いですね!
 
【「ステラナビゲータ Ver.7 」体験版・ダウンロード・サイト】
http://www.astroarts.co.jp/products/stlnav7/index-j.html

----------------------------------------------------------


無限大と無限小の宇宙のイメージ映像を同時に観ることが出来るビデオ、【パワー・オブ・テン】はこちらからどうぞ!とっても不思議で、楽しい世界が展開します。
宇宙を意識すると、私達の住む地球の存在が如何に小さくて壊れやすいか?
また、水と生命の存在する「青い惑星・地球」が、宇宙の中での奇跡であるかを感じることが出来ます。どうぞお楽しみ下さい。
 
 【パワー・オブ・テンのオリジナルサイト】
 http://www.powersof10.com/
 
 【パワー・オブ・テン】
http://www.videosift.com/video/IBM-Powers-Of-Ten-amazing-9-minute-science-video
無限大と無限小の宇宙のイメージ映像が観れます。
  
 【シンプソンズのパワー・オブ・テン】
http://www.youtube.com/watch?v=NRG5IlqVPSg



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


タイタンの動画〜続き〜

2005/01/20 09:29
 タイタンの着陸シーン(動画)をコマ送りで見ていたのですが、「高度5.8km 87番」の 写真 の上部に「ダビデの星」のような三角形を2つ合わせたような直線的な幾何学紋様が偶然写っていました。(びっくりした〜〜♪)これって大発見?
 また、2重の三角形の中央にも渦巻き模様のようなものまで見えます。
 一体なんなんでしょうね?巨大な地上絵?絵文字?でしょうか。

http://www.nasa.gov/mission_pages/cassini/multimedia/pia07234.html
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


「タイタン」の着陸シーン(動画あり)

2005/01/19 06:21
「タイタン」の着陸シーン(動画あり)です。
英文ですが、クリックすると動画が見れます。
コマ送りだと1コマ1コマが詳しく見れます。
まるで地球のどこかの山と海岸線を映したような風景が見れます。ちょっとフシギな感覚。。。
ちょっと面白いですよ。
http://www.nasa.gov/mission_pages/cassini/multimedia/pia07234.html
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


タイタンに数字の「7」のような構造物

2005/01/18 08:46
画像
土星の衛星「タイタン」の続報です。
画面の手前の黒い部分はなぜか「海」のようにも見え、画面奥の明るい部分は陸地のようにも見えます。また、画面左側奥に数字の「7」のような直角の構造物(パイプライン?道路?)が見えます。
これは一体なんなのでしょうか?自然に出来たものなのでしょうか?とても不思議な形です。

(海と陸地のように見える写真)
http://www.asahi.com/special/space/TKY200501150290.html 
また、いくつもの河川が写っているように見える写真もあります。
(河川のように見える写真)
http://www.wired.com/news/images/0,2334,66290-17040,00.html

「タイタン」には大気(主に窒素とメタン)が存在するらしいのですが、川や海のようなものまであるというのはとてもびっくりしました。
これからの解明が楽しみです。
記事へ驚いた ブログ気持玉 10 / トラックバック 1 / コメント 0


タイトル 日 時
土星衛星「タイタン」に水が存在?
今朝のニュースで、土星の衛星「タイタン」に水が存在するのではないか?と報道していました。小型探査機ホイヘンスが映し出した映像には、霧や湖、河川の浸食のように見えるものが写っていたそうです。また、大気が存在するのか、大気を通過する音まで録音されていたそう。。。もっと新しい発見、生命体の発見なんかをついつい期待してしまいます。今後のタイタンのニュースに要注目! ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 2 / コメント 0

2005/01/16 06:34

トップへ | みんなの「天文」ブログ

☆世界のフシギ&謎解き大辞典☆ 天文のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる