☆世界のフシギ&謎解き大辞典☆

アクセスカウンタ

zoom RSS 【続報・画像付】『世界遺産「アンコールワット」に恐竜のレリーフが』

<<   作成日時 : 2011/02/04 17:55   >>

驚いた ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


以前、『世界遺産「アンコールワット」に恐竜のレリーフが』という記事の中で、
雑誌「ムー」に恐竜の写真が掲載されていたということをお伝えしました。

今回は、画像付きでもう少し掘り下げてみたいと思います。

カンボジアにある世界遺産のアンコール遺跡の中に
 タ・プローム という
寺院がありますが、そこに恐竜(トリケラトプス)そっくりのレリーフが存在します。

写真を見れば一目了然ですね!

この遺跡は12世紀に造られています。

当時の人間が恐竜(トリケラトプス)を見てレリーフに刻んだのでしょうか?!
<でも、ちょっと待って下さい!>12世紀頃では年代的にちょっと辻褄が…。

こういったオーパーツは世界中の各所で発見されています。



【参照】世界遺産「アンコールワット」に恐竜のレリーフが  こちらへ



恐竜と人間は同時代に共存していた? タ・プロームの恐竜レリーフ

世界各地で人間と恐竜が同時代に共存していたのではないかと思わせる
ものが発見されていますが…(中略)
カンボジアにあるアンコール遺跡の中に タ・プロームという寺院があります
元は仏教寺院として建設されましたが 後にヒンドゥー寺院として建て替え
られました。
もちろん人間の作ったものですから人間が誕生してから建てられています。
最初に建てられたのが12世紀末だそうです。
トゥームレイダーの撮影に使われ ご存知の人もあるかと思います。
そんなタ・プロームに恐竜そっくりのレリーフがあります。
この道場でも色々 有り得ない時代のロケットだったり宇宙服だったり恐竜
だったりの工芸品を紹介してありますが それらは確かに「ソレ」にしか見え
ないものやちょっと首をひねってしまうものまで様々です。

このタ・プロームはどちらかというと それはもう「ステゴザウルス」にしか見えません!

さあ まずはご覧ください!


◎以下のブログの中段にもトリケラトプスの写真が
掲載されています。


Unexplained Earth  こちら



下の写真は、スペインのサラマンカ大聖堂に刻まれた宇宙飛行士を思わせる
レリーフです。

旧聖堂は12世紀頃に、新聖堂は16世紀〜18世紀頃に建てられています。

1992年の大修復工事の際に付け加えたのではないか?という話もあり、
真偽の程は定かではありません。


あなたはどう思いますか?



画像




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
【続報・画像付】『世界遺産「アンコールワット」に恐竜のレリーフが』 ☆世界のフシギ&謎解き大辞典☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる