☆世界のフシギ&謎解き大辞典☆

アクセスカウンタ

zoom RSS 「実録・自衛隊パイロットたちが接近遭遇したUFO」

<<   作成日時 : 2010/12/26 00:56   >>

驚いた ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

画像



 12月22日(水)、毎年恒例の『たけしの超常現象秘Xファイル』が放送され
ました。


毎度お馴染み大槻教授と韮沢さんの絡みも面白いのですが。。。

例の世界各地で目撃されたスパイラル・ライト(渦巻き)やウィキリークスが
今後UFO隠蔽情報を暴露する件、NASAが砒素(ひそ)を原料にする
新しい生命体の発見のニュースがあった中で。。。

今回の目玉は!!


  「実録・自衛隊パイロットたちが接近遭遇したUFO」 (元自衛隊空将・
佐藤守氏著)という本の著者と直接話を聞く場面です。
彼が自衛隊員に直接インタビューして聞いた話を実名入りで克明に告白しているというものでした!

この著者は航空自衛隊の戦闘機パイロットとして3800時間の総飛行時間を誇る経験を持ちます。

その中には、1985年名古屋上空輸送機UFO遭遇事件があり、パイロットが
前方に細長い葉巻型の飛行物体(UFO)がドーンと空中に浮いているのを目撃し、
その大きさは200〜300mは有ったそうです!
コックピットでは操縦士と副操縦士が「おい!カメラ持ってないか?」と騒然と
なり、当時は誰もがカメラ付き携帯を持っている時代ではなかったので写真
にこそ収められなかったが、その様子を赤裸々に告白したという。

次に、1983年6月8日、宮城県金華山上空訓練機UFO遭遇事件。
飛行訓練中に巨大な葉巻型UFOに遭遇!前方で瞬間移動を繰り返していたという。

ドバーッ!ドバーッ!って飛ぶんだって、凄いでしょ!(佐藤氏弁)

そして、航空機は突然コントロールが効かなくなり、操縦不能となる。
そして、UFOが遠ざかると正常に戻ったそうです。

インタビュアー:もしも、攻撃を受けた時に航空自衛隊は対処出来ますか?

元空将:対処出来ないでしょうね。もし、異星から来ている場合、何万光年も
かかるところをスイスイと来れる科学技術力があるとしたら、とてつもない
科学力だから、我々の最新鋭のF15でも太刀打ち出来ない!

インタビュアー:お手上げなんですね?

元空将:お手上げです。米空軍だってお手上げだと思いますよ。

ただ、航空自衛隊ではUFOを目撃したと報告したら、パイロット自身の健康上
の問題だからということで処理されてしまうので、上には報告せず、隊員たち
の間ではタブー視されているそうです!

今回は人望の厚い空将ということで隊員たちはインタビューに応じたそうです。

インタビュアー:航空自衛隊はUFOの存在を認めていませんが…

佐藤氏曰く:(UFOの存在を)認める認めないじゃなくて、そういう(UFO目撃の)
証言をパイロットは嘘をつきませんから、もし、UFOとか宇宙人が存在して
いないという人がいたら、どうして存在しないか?それを証明して欲しい!と
私は逆に言いたいくらいなんですね。

スタジオの大槻教授は:私はこの広大な宇宙の中に知的生命体(宇宙人の
こと?)の存在することに異議はありません。自衛隊の人がUFOらしきものを
見たのも事実だと思います。
ただ、韮沢さんの様に、この葉巻型UFOの窓から宇宙人が手を振っていた
という話は飛躍し過ぎではないか?と言っているんです。だからあなたをバカ
にするんですよ…

この後は、恒例の言い争い…(番組のお決まり?!)

今回、面白かったのは、この話でした!

番組の感想は以上です。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「実録・自衛隊パイロットたちが接近遭遇したUFO」 ☆世界のフシギ&謎解き大辞典☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる