☆世界のフシギ&謎解き大辞典☆

アクセスカウンタ

zoom RSS 世界初のiPS臨床研究指針、11月1日施行へ

<<   作成日時 : 2010/10/30 23:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
画像



いよいよ日本も世界初の試みである「iPS臨床研究指針」を打ち出しました

先頃、ニュース報道にあった「ES細胞での臨床試験」の動きに刺激された
のかもしれません


これは画期的な動きとなるでしょう
難病治療、遺伝病治療、臓器移植、血管や骨の移植、歯や髪の毛を
生やしたり…と様々な治療が可能になります


長寿が可能となり、いずれは100歳以上はざらということになるかも知れません。
数百歳に寿命が延びると試算している科学者もいます。

ものごとが飛躍的に進歩し、偉大なる天才科学者が長生きすることで、
研究が途絶えることが無くなります。
モーツアルトの様な天才音楽家の楽曲をいつまでも生演奏で聴くことも可能になるかも知れません。


世界初のiPS臨床研究指針、11月1日施行へ

さまざまな臓器や組織の細胞に変化でき、再生医療の切り札として期待されるヒトiPS細胞(新型万能細胞)を、治療に使えるようにする厚生労働省の臨床研究指針が29日、まとまった。

 iPS細胞の臨床応用を認めた指針は世界初。11月1日に施行される。

 京都大の山中伸弥教授らが2007年に皮膚細胞から作製に成功したiPS細胞は、もう一つの万能細胞であるES細胞(胚(はい)性幹細胞)と違って生命の萌芽(ほうが)である受精卵を壊さずに作製できる。このため倫理上の問題は少ないが、発展途上の技術だけに、ES細胞ほど性質が一定しないなど、課題も多い。

 そこで指針では「安全性や倫理性の確保に盤石の体制の構築が必要」とし、常に新しい技術を取り入れて安全性を確認することや、患者に対し積極的に正しい知識を伝えること、患者団体の意見にも配慮することなどを規定。技術の進歩が非常に速いため、必要に応じて指針の見直しを行うとしている


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
世界初のiPS臨床研究指針、11月1日施行へ ☆世界のフシギ&謎解き大辞典☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる