アクセスカウンタ

<<  2008年1月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


遂に人工生命の完全合成に成功!

2008/01/25 13:53
画像


アメリカの研究チームが遂に人工生命の完全合成に成功しました!

生命はどのように誕生したのか? については・・・

1.土から勝手に複雑にDNAが組み合わさって生命が突然誕生したという説
  ・・・自然発生説
2.神様が創造したという説・・・旧約聖書創世記
3.異星人が実験室で人工的に生命創造したという説・・・科学的生命創造説

の主な3つの説があります。

今回の実験成功は、この第3の説を裏付けるものです。

DNAは複雑に組み合わさって出来ています。
時計の歯車がたった一つでも欠けたら動かないように、絶妙な組み合わせで生命活動が起こっています。

また、突然変異や自然淘汰で進化したという説(ダーウィンの進化論)もありますが、これはDNAが発見される前の時代の出来事で。。。
初めてDNAを発見した生物学者フランシス・クリック氏(ジェームズ・ワトソン氏と一緒に発見し、ノーベル賞を受賞)は、生命あるいはその前駆となる有機分子が宇宙からやってきたという、 『パンスペルミア説』という説を唱えています!!

平たく言うと、生命は複雑な構造なので、地球で誕生したのではなく、宇宙の高度な文明を持った生命体が、意図的に地球に送り込んだという説です。

これは、実はラエル氏の本に共通しているテーマです。

高度に科学が進んだ異星人が、人工的に生命を創造したというメッセージを伝えに地球にやって来ました。
その時の様子を書いたのが、『宇宙人からのメッセージ』です →
 こちら

この本は こちらで無料で購読出来ます →  こちら

興味のある方はどうぞご一読されてみて下さい♪


<ゲノム>DNAを人工的に完全合成 米チームが成功

 ある種の細菌の全遺伝情報(ゲノム)を含んだDNAを人工的に完全合成することに成功したと、米国のクレイグ・ベンター博士が率いる民間チームが、米科学誌サイエンス(電子版)に24日発表した。できたのはゲノムの合成までで、細菌そのものをつくったわけではないが、今回の成功で、望み通りのDNAを持つ「人工生命」をつくり出す技術に一歩近づいた。

 有用な人工微生物の開発につながる可能性がある一方、生物兵器開発に悪用される恐れも指摘され、こうした研究の監視や規制の在り方をめぐり議論が起きそうだ。

 ゲノムの合成はウイルスでは既に実現しているが、細菌のように大きなゲノムの合成は技術的に困難だった。

 チームは、細菌の中では最小クラスのゲノムを持つ「マイコプラズマ・ジェニタリウム」のDNAを、設計図である遺伝情報を基に約100の区画に分けて化学合成。それを特殊な酵素を使うなどしてつなぎ合わせた後、酵母菌に組み込んで完全なゲノムを得た。

 できたゲノムは、意図的に取り除いた病原性にかかわる遺伝子を除き、自然の細菌が持つすべての遺伝子を持っていたという。
 ベンター博士は、ヒトゲノム解読で国際共同チームと競り合ったことで有名な研究者。


記事へ驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


火星に人影?!

2008/01/24 12:45
画像


火星に人の影が写っている・・・ということで今話題になっています。

NASAが火星に送り込んだマーズ・エクスプローラー・スピリットが火星で撮影した写真の中に、 火星人と思われる写真が見つかり大騒ぎになっています。
今朝のテレビ朝日のニュースでもやっていました。
丘の上で座っている人間と思われる何かの映像または影が写っております。
この写真は中国のWebサイトで発見され、話題に火が点いたそうなのですが、
現在この写真の審議をめぐって論争が繰り広げられているそうです。


以前にも火星人の骨が見つかったニュース → こちら
が話題になりましたが、こちらと同じ感じかな〜、と思いますが・・・
一度写真をご覧になってみて下さい。


「信じるか信じないかはあなた次第・・・」(ハローバイバイ関さん風)

火星人か?NASA探査ロボット撮影の写真で騒然
 ニュース(動画ニュースも見れます)

こちらは英文のサイトです → 記事


火星人か?NASA探査ロボット撮影の写真で騒然
 NASA=米航空宇宙局が、火星で撮影した写真に人のようなものが写っていることが分かりました。

 これは、2004年にNASAが火星に送り込んだ探査ロボット「スピリット」が撮影した写真です。岩肌のような地形の端に写った部分を拡大してみると、なにやら人間の姿のようにも見えますが、これが果たして「火星人」なのかは定かではありません。4年前の写真ですが、最近になって中国のインターネットでこの人影らしきものが指摘され、論議を呼んでいるそうです。
 


《おまけ》
こちらはNASAが公開している高解像画像です → 
こちら

左下に人影があります。またやや中央より右上に青い(?)湖?水溜り?みたいなものも写っています。砂漠がそう写っているのかもしれませんが、他の箇所より青く写っているのが印象的です。
また、右下には人工的な『ナスカの地上絵』の様な模様が見えます。見方によっては、『道』の様にも見えます。探査車のタイヤ痕にしては大き過ぎるのでは・・・






記事へ驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


世界中でUFOの目撃相次ぐ!

2008/01/20 19:48
画像


年明け早々ですが、世界中でUFOの目撃が相次いでいます!

昨年は政府の「UFOの存在は確認していない」発言を受け、町村官房長官が
「個人的には(UFOは)絶対あると思っている」と力説したことで話題になりました。
 こちら

また、石破防衛大臣を始めとする国会議員、東国原英夫・宮崎県知事なども
UFOに対する発言が相次いだことで、UFOに注目が集まった年です。


そんな昨年に続き、今年に入って世界中でUFOの目撃が相次ぐ!
というニュースが飛び込んで来ました。

画像


口火を切ったのは アメリカ・テキサス州で、超巨大なUFOの目撃が報告されました。
→ 記事

目撃者によるとその大きさは長さ1.6キロ、幅0.8キロと超巨大な飛行物体で、
地上約91m上空をネジのない平たい金属物体が音も無く飛行していったそうです。

別の場所でも同じUFOを目撃したと思われる報告も相次ぎ全米の話題になっています。 →
 CNN ニュース(動画)

形としては、葉巻型(母船級)と思われ、夜の暗闇にライトだけが輝いていたという報告もあります。

画像


ちょうど、フェニックス・ライトと呼ばれるUFO出現の様子に似ているものと思われます → 
 動画

今回、残念なことに まだ写真やビデオで実際に撮影されたものがない点です。目撃者はかなりいるみたいですが・・・。

この他にも、アルゼンチンでもUFOが目撃されています。 →
 記事

これらの世界中で相次ぐUFO目撃が一体何を意味するのでしょうか?
何かの前兆でしょうか? 興味が尽きないですね!


UFO? アルゼンチン空軍が調査 「無線に応答なし」 2008年01月18日
http://www.asahi.com/international/update/0118/TKY200801180367.html

 アルゼンチン中部リオクアルトで、空を飛ぶ光る物体を多くの住民が目撃し、EFE通信などによると同国空軍が「飛行機や人工衛星ではない」として調査を始めた。

 謎の物体が目撃されたのは15日午後10時半ごろ。長円形で黄色く光り、高速で東から西へ飛んだという。地元の空港管制官が高度や機種、飛行ルートを申告するよう無線で呼びかけたが応答はなく、空港上空を飛行後、姿が見えなくなったという。

 地元ラジオ局には「未確認飛行物体(UFO)ではないか」などの電話が殺到。空軍は民間機、軍用機とも同空域を飛行していないことを確認した。当局者によると同国の宇宙活動を担う国立宇宙活動委員会(CONAE)や米航空宇宙局(NASA)への協力要請を検討中だという。 



記事へ驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


新年あけましておめでとうございます♪

2008/01/01 01:01
新年あけましておめでとうございます♪

今年も『☆世界のフシギ&謎解き大辞典☆』
よろしくお願いします♪
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1


<<  2008年1月のブログ記事  >> 

トップへ

☆世界のフシギ&謎解き大辞典☆ 2008年1月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる